地図を使ってDXを推進! DP Report@とは

現在の業務形態を崩さずに生産性アップを叶える!

報告書のデジタル化、顧客情報管理、位置情報の把握などさまざまな機能でDXを推進するDP Report@について導入事例やメリットを詳しくご紹介します。

[2021年 5月13日公開]

「地図を使ってDXを推進! DP Report@とは」:資料概要

DP Report@を使うと、地図上に報告書・顧客情報・社員の現在地・予定行先などがマッピングされます。それらの情報を、現場で働く社員でも、管理を行うセンターでも、業務効率に活かせるよう支援するDX推進ソリューションをご紹介します。サポート体制も充実! 顧客情報を積極的に活用し、業務を効率化しましょう。

セミナー名「地図を使って効率化する、現場業務の生産性向上ソリューション『DP Report@(レポルタ)』のご紹介」

目次(抜粋)

  • DP Report@(レポルタ)とは
  • 企業のDXへの取り組みについて
  • DP Report@(レポルタ)を身近に感じていただくため解決してきた課題のご紹介
  • DP Report@(レポルタ)のデモンストレーション
  • DP Report@(レポルタ)の導入される傾向と、お客様からいただいた導入効果について
  • サポート体制と料金形態
  • 最後に

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
28ページ
容量:
2,797KB

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

ページID:00208783

ナビゲーションメニュー