コロナ禍で大きく変化した物流に対応する秘訣

コロナ禍の変動に伴う各企業に必要な力を解説

コロナ禍での物流は「物流の大幅な変動」「労働環境の変化」「配送手段の見直し」の対応が課題に。これらの解決策を交え、物流改革の必要性をご紹介します。

[2021年 6月10日公開]

「コロナ禍で大きく変化した物流に対応する秘訣」:資料概要

新型コロナの影響で、消費が大幅に変動しており、特に在宅使用商品と小売販売商品の上下幅が大きく変化しています。これにより物流は「異常値を迅速に掴む力」「変動にすぐ対応する力」「変動に対応する運用力」に適応しなければなりません。本資料では前述の3つの力を踏まえ、物流改革のポイントや問題点をご紹介します。

セミナー名「コロナ禍で大きく変化した、物流への迅速な対応」

目次(抜粋)

  • コロナ禍での物流変動
  • 物流キャパシティの把握
  • 物流改革の必要性
  • 物流改革が進まなかったのは何故?
  • 最重要! 部分最適と全体最適
  • 物流改革推進時の障害
  • 物流コスト削減はどの程度可能か?
  • 物流改革の手順
  • ピッキングミス分析
  • 戦略立案

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
20ページ
容量:
1.8MB

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

ページID:00208799

ナビゲーションメニュー