物流業務改善ソリューションで効率化と精度向上!

出荷業務や送り状発行をシステムで効率化

物流の変化により、多品目化・少量・多頻度出荷・出荷リードタイムの短縮が求められています。当資料では物流業務改善のヒントや事例を、詳しくご紹介しています。

[2021年 6月24日公開]

「物流業務改善ソリューションで効率化と精度向上! 」:資料概要

難易度が高く情報量が多い、物流業務や在庫管理の改善にお困りではありませんか。当資料では、出荷業務を効率化する「検品支援名人」、送り状発行を効率化する「送り状名人」の特長や改善・運用事例をご紹介しています。これらのシステムを導入することで、物流業務を効率化しましょう。

セミナー名「在庫精度の向上と誤出荷を防止する! 物流業務改善ソリューション」

目次(抜粋)

  • 物流業務の変化、置かれている環境
  • 物流業務、在庫管理の改善レベル
  • 入出荷支援システム構築のポイント
  • ハンディ入出荷検品システム化の検討ポイント
  • 検品支援名人の特長
  • 出荷業務運用のヒント・事例
  • 送り状発行業務における課題
  • 送り状発行に於ける現場課題
  • 送り状発行-出荷指示番号による送り状の都度発行機能
  • 送り状変更-路線便会社、個口数の変更機能
  • 送り状検索-出荷済み荷物の運送会社、荷物追跡番号の検索機能
  • 出荷業務改善事例

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
20ページ
容量:
3.3MB
関連する製品名:
検品支援名人

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

ページID:00208803

ナビゲーションメニュー