感染症対策! サーマルカメラを選ぶときのポイント

良い製品で精確、迅速な検温を徹底!

あなたの会社の検温報告はどのように行っていますか? サーマルカメラを導入することで、入館者の通用口での体温チェックや、精確な検温が可能になります。

[2021年 7月13日公開]

「感染症対策! サーマルカメラを選ぶときのポイント」:資料概要

感染症対策では、精確な検温報告が重要です。しかし、自己申告にすることで漏れが発生したり、機器ごとのばらつきが出たりしてしまうこともあります。サーマルカメラの導入で、そうした課題の解決や、非接触体温計でかかるような手間をなくすことが可能です。製品を選ぶ際に見るべきポイントも踏まえて詳しく解説します。

セミナー名「感染症対策! サーマルカメラを選ぶときに見るべきポイント」

目次(抜粋)

  • サーマルカメラあるある
  • 良い製品の特長とは
  • SenseThunderの「AI」とは
  • 製品ラインナップ
  • おすすめポイント
  • 感染症対策×DX

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
33ページ
容量:
3.3MB
関連するメーカー名:
ソフトバンク、Photosynth
関連する製品名:
SenseThunder-Mini、Akerun

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

ページID:00208268

ナビゲーションメニュー