クラウド型セキュリティ対策で最新の脅威にも備える!

どこからでも、どの端末でもアクセスできるクラウド

テレワークやクラウド化が進んだことでセキュリティの課題も増加してきました。今回はクラウドサービスを活用した最新のセキュリティ対策について解説します。

[2021年 8月11日公開]

「クラウド型セキュリティ対策で最新の脅威にも備える!」:資料概要

テレワークやクラウド化で外部からのアクセスが増加し、セキュリティの課題も増加しました。本資料では、クラウドサービスを活用したデバイスや接続場所を問わない防御方法を、最新の脅威動向を踏まえてご提案します。SaaS導入にあたり、人件費なども合わせたトータルコストを加味したご案内です。

セミナー名「『Anywhere:どこからでも/Any Device:どの端末でも』トレンドマイクロがご提供するクラウド型セキュアWebゲートウェイ」

目次(抜粋)

  • 1 進むクラウド利用とテレワーク対策には
  • 2 攻撃者が狙うhttp(s)通信への手口とその対策技術
  • 3 クラウドサービス国際認証・オンプレミスからの移行

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
32ページ
容量:
3.9MB

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

ページID:00209831

ナビゲーションメニュー