急成長中の仮想化インフラ「HCI」を徹底解説

仮想化インフラ「HCI」のメリットとデメリットとは

運用管理がシンプルで、業務継続性にも優れた「HCI(ハイパーコンバージドインフラ)」。そのメリットとデメリットや、どんな会社に最適かを解説した資料です。

[2021年10月15日公開]

「急成長中の仮想化インフラ『HCI』を徹底解説」:資料概要

今話題の仮想化インフラ「HCI」について徹底解説しました。HCIの主な特長は運用管理のシンプルさ、業務を止めない冗長性、拡張性の高さです。その特長やメリットだけでなく、具体的なデメリットに関しても解説。構築から運用まで大塚商会がサポートし、運用管理の負担を軽減できるHCI製品もご紹介しています。

セミナー名「注目のITインフラ! 市場が急成長している『HCI』を徹底解説!」

目次(抜粋)

  • 1.HCIとは
  • 2.IT管理者の負担を減らす三つの特徴
  • 3.HCIはどんな企業におすすめ?
  • 4.大塚商会のHCI製品
  • 5.HCIのデメリット

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
24ページ
容量:
2.0MB
関連するメーカー名:
大塚商会、NEC、Microsoft
関連する製品名:
HCIスターターキット、Express5800 / R120h-1M、Windows Server 2019 Datacenter Edition

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

DXオフィス オンラインに参加しよう

大塚商会 DXオフィス オンライン

【おすすめ1】"理想のオフィス"をWeb上で気軽に体感!
【おすすめ2】豊富なセミナー動画で最新情報をお届け!
【おすすめ3】説明や事例も1分動画で分かりやすく解説!

ページID:00212633

ナビゲーションメニュー