DX時代の最新ストレージ動向!

ストレージもAI!? クラウド連携!?

DX時代の仮装基盤運用では、シンプルで柔軟に運用できる基盤の準備が必要になります。最新のストレージ動向やおすすめの共有ストレージについてご紹介します。

[2021年10月27日公開]

「DX時代の最新ストレージ動向!」:資料概要

市場の変化に合わせるためにDXの推進が必要になっています。しかしDX推進で重要な仮想基盤運用の課題は多岐にわたります。そこで本資料では、専門知識がなくても日々の運用を適切に行うことができ、障害時にも分かりやすく便利に活用できるDX時代の最新ストレージをご紹介します。

セミナー名「DX時代の最新ストレージ動向! ストレージもAI!? クラウド連携!?」

目次(抜粋)

  • DX時代のストレージとデータの関係性
  • DX時代のあるべきIT基盤とは
  • 今求められる共有ストレージ選定のポイント
  • 最新のストレージ動向とおすすめの共有ストレージ

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
33ページ
容量:
2.5MB
関連するメーカー名:
ヒューレット・パッカード・エンタープライズ
関連する製品名:
HPE Nimble Storage

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

DXオフィス オンラインに参加しよう

大塚商会 DXオフィス オンライン

【おすすめ1】"理想のオフィス"をWeb上で気軽に体感!
【おすすめ2】豊富なセミナー動画で最新情報をお届け!
【おすすめ3】説明や事例も1分動画で分かりやすく解説!

ページID:00213674

ナビゲーションメニュー