AIによる障害予兆検知が可能に!

仮想基盤運用管理を自律化する次世代共有ストレージ

ストレージ管理やランサムウェア対策など、企業の仮想基盤運用の課題は多岐にわたります。高い可用性を実現するNimble Storageをご紹介します。

[2021年11月25日公開]

「AIによる障害予兆検知が可能に!」:資料概要

今後、企業のIT基盤選定では、TCO削減や運用管理性など初期費用以外の部分に注目が集まる傾向にあります。本資料でご紹介するNimble Storageは、障害予兆検知を可能にしたAIによる高い可用性だけでなく、InfoSightによる保守業務の自動化、インフラ全体の可視化による高い運用管理性も実現しています。

セミナー名「【実演あり】AIによる障害予兆検知が可能に! 仮想基盤運用管理を自律化する次世代共有ストレージ」

目次(抜粋)

  • 近年の仮想基盤の課題
  • HPEの提供する次世代共有ストレージ
  • 高可用性
  • 可視化
  • コストパフォーマンス

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
34ページ
容量:
3.2MB
関連するメーカー名:
ヒューレット・パッカード・エンタープライズ
関連する製品名:
HPE Nimble Storage

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

ページID:00214819

ナビゲーションメニュー