店舗のDX化が進むデジタルサイネージの活用術

多店舗展開にも対応! 次世代のプロモーションツール

看板・ポスターを電子化して店舗づくりのお悩みを解決しませんか? デジタルサイネージの最新活用術や導入実績トップの「デジサイン」シリーズをご紹介します。

[2021年11月25日公開]

「店舗のDX化が進むデジタルサイネージの活用術」:資料概要

デジタルサイネージは異なる情報を切り替えて表示したり時間帯に合わせて表示内容を変更したりすることが可能なため、タイムリーな顧客提案を実現できます。また、感染症対策が重視されている今、非対面接客や換気状況の「見える化」といった安心して過ごせる店舗づくりのツールとしても注目されています。

セミナー名「店舗DXを支援! 看板・ポスターのデジタル化でタイムリーな顧客提案を実現」

目次(抜粋)

  • デジタルサイネージの特徴
  • 活用術(1)デジタル看板
  • 活用術(2)デジタルポスター
  • 活用術(3)デジタルメニューボード
  • デジサインのご紹介
  • デジサインの強み

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
42ページ
容量:
5.0MB
関連するメーカー名:
サイバーステーション
関連する製品名:
デジサインSTB、デジサインTab

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

DXオフィス オンラインに参加しよう

大塚商会 DXオフィス オンライン

【おすすめ1】"理想のオフィス"をWeb上で気軽に体感!
【おすすめ2】豊富なセミナー動画で最新情報をお届け!
【おすすめ3】説明や事例も1分動画で分かりやすく解説!

ページID:00214821

ナビゲーションメニュー