業界初! 「Revit」活用で空調機器選定を革新

「SeACD for Revit」をご紹介!

本資料では、「空調機器選定」にテーマを絞り、イズミシステム設計の「SeACD for Revit」製品のおすすめポイントや詳細についてご紹介します。

[2021年12月22日公開]

「業界初! 『Revit』活用で空調機器選定を革新」:資料概要

空調設計において、建築プランが変更になる度にやり直しが発生する、などの非効率性に悩まされたことはありませんか? 空調換気機器選定ソフトを導入することで、上流工程の変更もシームレスにつながり、設計フローの効率化を実現します。また、複数のツールの運用でなく、BIMを活用することで整合性も担保することが可能です。

セミナー名「業界初!『Revit』活用で空調機器選定を革新!『SeACD for Revit』をご紹介!」

目次(抜粋)

  • Revit連携製品概要説明
  • 機器選定業務の課題と現状
  • 「SeACD for Revit」ご紹介
  • 動作環境
  • 最後に

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
37ページ
容量:
13.4MB

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

実践ソリューションフェア2022 オンライン開催!

実践ソリューションフェア2022 オンライン

実践ソリューションフェアを2月にオンラインで開催します。電子化やセキュリティはもちろん、AIやRPAなどの最新技術まで、DX推進のヒントが見つかるビジネスユーザー向けのイベントです。

ページID:00216470

ナビゲーションメニュー