帳票デジタル化で実現する経理の手間・コストの削減

請求書、”紙”で送っていませんか?

請求書や支払明細などの帳票類、どのように発行していますか? 帳票の電子発行で、経理業務の手間削減・コスト削減・テレワーク推進が可能になります。

[2021年12月22日公開]

「帳票デジタル化で実現する経理の手間・コストの削減」:資料概要

帳票を紙で対応することで発生する印刷や封入などの作業は、電子化で削減することが可能です。取引先の抵抗感や押印の都合で電子化をためらう企業も見受けられますが、押印自体は法律上必須ではなく、電子化を認める企業も増えてきています。本資料では、帳票の電子化を推進するためのシステムを導入事例を交えてご紹介します。

セミナー名「経理業務に紙はもう必要ない!? 脱・紙文化でテレワークにも対応! Web発行で作業時間&コスト削減に成功した事例」

目次(抜粋)

  • 請求書や支払明細などの帳票類をどのように発行していますか?
  • 請求書を電子発行するメリットとデメリット
  • 電子請求書発行システム『楽楽明細』ラクスでの導入事例をご紹介
  • 『楽楽明細』導入事例
  • 『楽楽明細』デモンストレーション

仕様など

形式:
PDF
ページ数:
46ページ
容量:
2.3MB

お客様にお勧めの資料

資料だけではなく動画セミナーも視聴できます

【無料視聴】大塚IDオンデマンド動画

大塚商会が開催するセミナー動画や、製品・サービスの特長などが分かる動画を無料で視聴いただけます。お客様の業務やビジネスにお役立てください。

実践ソリューションフェア2022 オンライン開催!

実践ソリューションフェア2022 オンライン

実践ソリューションフェアを2月にオンラインで開催します。電子化やセキュリティはもちろん、AIやRPAなどの最新技術まで、DX推進のヒントが見つかるビジネスユーザー向けのイベントです。

ページID:00216472

ナビゲーションメニュー