守る! 備える! セキュリティ対策資料特集

日々さらされている脅威から会社の「今」を守り、将来想定されているリスクから「未来」を守るため、セキュリティ対策は常に最新のものに更新しましょう。資料をぜひご覧ください。

まずはセキュリティの総合対策を知りたい

部分的/局地的対策に入る前に、まずは総合的なセキュリティ対策を検討しておく必要があります。対策の全体像をあらためて検討する際に役立つ資料をまとめました。ぜひご覧ください。

セキュリティ総合対策の資料と動画を一挙公開!

まずは訓練メールで社内リテラシーチェック

ネットワークの出入口を守る

怪しい動きをするプログラムを社内に入れない、不正な情報アクセスなどを内部でやらせない、目的のはっきりしない情報持ち出しを検出し、防ぐ。「入れない、探させない、出さない」対策を検討しましょう。

出入口対策のための関連資料

パソコン・サーバーの脆弱性を守る

個人のセキュリティ意識が大事なことは変わりませんが、手動で情報を保護することは、もはや現実的ではありません。パソコンやサーバーの保護はなるべく自動化、仕組み化しておきましょう。詳細資料はこちら。

内部対策でセキュリティ強化するための関連資料

企業を守る&万が一に備える

どんなに備えを強固にしても、セキュリティ上の脅威が発生してしまうことはあり得ます。ゼロにすることはできないという意識を持ち、「起こったときも被害を最小限に抑える」対策を検討しておきましょう。

被害や影響をできるだけ小さく抑えるよう備える

ナビゲーションメニュー

いまどきのIT活用・導入事例

即効! ITライブラリー

「資料」を検索