役立つ! 総務マガジン

Excel関数で和暦変換や年齢計算も自由自在

官公庁向け書類でも慌てない! 西暦の日付は一括変換できる

総務が管理している文書を官公庁や自治体に提出するときには、西暦ではなく和暦での記載が求められる場合も少なくありません。いざというときに慌てないよう、西暦で入力してある生年月日を関数で和暦に変換する方法を覚えておきましょう。また、満年齢や「今年何歳になるか」の計算方法もあわせて解説します。

[2018年 6月11日公開]

日付や年齢の記載で立ち止まらず業務効率アップ!

社会保険や税金関係の書類など、総務が行政機関向けに作成する書類は多く、それらへの日付の記載は原則として「元号を用いた和暦」となります。しかし、通常の業務では西暦の方が分かりやすく、社員名簿の生年月日なども西暦で入力していることが多いでしょう。西暦の日付の一覧を、すぐに和暦に変換できると安心ですよね。