役立つ! 総務マガジン

Excelのセル範囲に名前を付けて作業効率アップ!

「何のデータか?」が分かる名前でデータを利用しやすく

Excelでは、データを入力したセル範囲に名前を付けられます。例えば取引先の企業名や連絡先のデータを入力したセル範囲に「取引先リスト」と名前を付けたら、データの内容がすぐに分かり、関数から参照するときも意味が分かりやすい式にできます。今回はこうした名前の活用法を解説します。

[2018年12月25日公開]

名前を付けることで式が見やすく、作業もラクに

Excelでは、セル範囲に対して「名前」を付けることができます。例えば、セルA1からA20に社内で使う消耗品の名前を入力していたら、この範囲に「消耗品リスト」という名前を付けることで、何のデータがあるのかを分かりやすくできます。