役立つ! 総務マガジン

人事異動と社員のモチベーションアップ

強い組織をつくるのは適正な人事評価に基づいた異動と昇格・昇進

企業戦略に基づいた人材の配置は、企業目標の達成のための有効な手段となります。目標達成に必要な人材を洗い出し、適所に配置するためには「コミュニケーションと評価」がポイントとなります。

[2020年 2月 3日公開]

人事異動の目的と流れについて

企業が成長・発展する過程で組織は変わり、そこで働く社員も変化していきます。人事異動は企業(経営者)の目標達成を主な目的として行います。

人事異動の根本にあるのは経営計画です。まず、企業が何を目指し、どのように収益を向上させていくのかを明確にします。そのためにはどのような組織体制が必要で、人材をどう配置していくかがポイントとなり、ここでは人事評価と本人の希望がベースとなります。企業活動は組織を中心に行いますので社員を客観的に評価して、上司・同僚・部下などの組織環境や潜在能力も含めた本人の適正を判断し、配置を決めましょう。

異動計画が承認されたら「内示」として本人に異動がある旨を告知します。通常は異動の2週間から1カ月前に内示を行いますが、さまざまな調整があり直前に申し渡す場合もあります。

本人の意思を確認して、年度末に「人事発令」という形で全社告知します。
人事異動は部署の移動だけでなく退職や降格も含み、従業員の関心度も高いので異動対象の本人だけでなく、上司をはじめとする周囲の関係者の納得を得ることが重要なポイントとなります。
ここで不協和音が発生すると人事異動の効果が激減してしまい、全体のモチベーション低下につながることもあります。

人事異動の目的

  • 経営計画や事業変更に伴う場合
  • 従業員をより適材適所に配置するため
  • 社内の雰囲気を刷新し、活性化を促進するため
  • 人材育成のため

人事異動の流れ

  1. 経営計画・目標の設定
  2. 組織変更・人材配置の方向性を決定
  3. 人事評価による従業員の適性判断
  4. 人材配置計画の立案・調整

上記1~4の後、人事異動発令

人事異動の種類

  • 配置換え(部署異動)・転勤
  • 採用(新卒・中途)
  • 昇格・昇進
  • 降格・降任
  • 出向・派遣・休職(企業留学含む)
  • 解雇・免職
  • 退職(定年・自己都合)

効果の高い人事異動を実現するために必要なことは「人材育成」という視点

効果的な人事異動を行うために、まずはコミュニケーションの密度を上げて、多角的かつ適切な人事評価を行うことがポイントとなります。
人事異動は総合的な判断で行われるため、異動する本人の希望を直接ヒアリングすることは少なく、定期的な人事評価シート、自己申告書、上司などの推薦書といった資料を基に判断する場合が多くあります。特に人事評価シートは業務遂行能力だけでなく、本人の適性や潜在的に秘めた能力、周囲の評価を過不足なく網羅する必要があります。半年に一度程度の面談だけ、表面的な情報を得るだけで終わらせることのないよう留意しましょう。

さらに、人事異動で必要なのは「人材育成」としての視点です。仕事や部署を経験させることで何を身に付けさせてどのような人材に育てていくかが大きなポイントになります。努力し課題をクリアしていくことで社員は成長します。常に課題を与えてその結果を確認することが重要です。
得意な能力はほかの部門や違う仕事でさらに伸ばせないか。未熟なスキルはほかの部門で経験・取得できないかを検討しましょう。

人材育成・評価の具体的な実践方法とは

以下は現業部門での人材育成の一例です。
売り上げが上がらず悩んでいる新人のA君には、小さな目標設定から始めます。ここでのポイントはできるだけ具体的な行動目標を作成して実践することです。そのためにはまず、実現可能な、低めのハードルを設定します。日々のチェックは、教育担当の先輩社員が行います。

新人A君の育成課題例

1.目標
月額10万円の売り上げアップ。
2.課題
何をどのようにして売り上げをアップさせるか。
10万円=5,000円×20日
1日5,000円売り上げるために対象となる商品は何か。
3.具体的行動計画
1個1,000円の○○を5個/日販売
ターゲット客層は20代女性。販売店は■■ショールーム入り口を利用。販売方法はインスタ映えを狙ったラッピングを行い、商品のポスターを作製・掲示。
1日に100人に声掛けを行う。
4.結果の検証
こうしたら売れた、このときは売れないという結果を検証。
以下、この繰り返し。

人事評価の面談での「頑張ります!」や「頑張りました!」では、何をどう頑張ったのか正しく評価できません。また、本人も意気込みのみで具体的なことが意識できません。しかし、具体的な行動計画を立てると、努力の仕方や気づき、創意工夫などが目に見えて分かります。その結果、全体的な能力が本人、上司ともに分かってくるので、人事異動の貴重な資料となるのです。

普段の仕事を通してコミュニケーションを深め、能力や適性を判断してください。

人事異動で総務部門が果たす役割

人事異動は経営層・管理職と人事部門が中心になって行われますが、異動の発令が出た瞬間からは総務の出番となります。

異動あいさつと環境整備

  • 名刺の準備
  • あいさつ状の送付
  • PC・内線電話などの設備手配
  • デスク・椅子・ロッカーの手配
  • 文具の手配
  • 書類などの異動サポート

異動する社員が新しい部署で気持ちの良いスタートを切れるように準備を行います。

地方へ転勤の場合

住宅(社宅含む)の手配を行います。特に春先の新生活開始時期は、不動産の物件も不足傾向になりますので、早めの手配が必要です。
独身者や単身赴任者には、賄い付きの独身寮やシェアハウスを法人利用してみるのもよいかもしれません。
家族連れで転居する場合は、お子さまの転校などもできる限りサポートしてみてはいかがでしょうか。
いずれにしても、転勤者やそのご家族に過度の負担が掛からないように注意しましょう。

人材育成を成功させるためには

大塚商会のたよれーる 人材育成支援サービス

大塚商会は、1982年に教育事業をスタートして以来、常に時代にマッチした人材育成支援サービスをご提供してきました。この長年のノウハウを生かし、多彩な研修コースや人材育成に関わるさまざまサービスをご提供しています。

新入社員向け ビジネスマナーeラーニング

社会人にふさわしい「身だしなみ」や「基本動作」、職場で知っておくべきルールや考え方について学ぶことができます。登録無料の大塚IDでログインするだけ! 厳選したレッスンを無料開講中です。

口下手でも売れる営業になれる! 営業向けeラーニング

口下手でも、人見知りでも、内向的な人でもトップセールスを目指せます。その極意を、元リクルートのトップ営業が伝授します。登録無料の大塚IDでログインするだけ! 厳選したレッスンを無料開講中です。

人事異動後の給与管理

SMILE V 人事給与

人事管理から定型の給与計算業務までをフルサポート。自由項目を利用した独自の人事情報や、履歴情報を管理することで、人事異動の判断材料などにご活用いただけます。

著者紹介

マネジメントリーダーWEB編集部

企業を活性化する総合マネジメント情報サイト「マネジメントリーダーWEB(http://www.mng-ldr.com/)」を企画・運用。

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。