まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

業務改善の問題発見手法 他と比較する

複数の要素と比較して得られる業務改善の効果をご紹介

業務改善・問題発見のための比較のポイント

  • 社員同士や自社と他社・業界を比較すると業務改善のポイントや考え方が得られます。
  • 例えば、「削減するべきコスト」「業界における自社の立ち位置」などが分かります。
  • 業務改善の問題発見法として比較する技術をご紹介します。

[2015年10月 6日]

比較をすることで取り組むべき課題が新たに見つかる!

業務改善を行う際には、他のものと比較することで自社の状態を把握できます。例えば、

  • 社員同士の比較から、個々のスキルのばらつき
  • 他社との比較から、削減すべきコスト
  • 業界全体との比較から、業界内での立ち位置

などが分かります。さまざまな要素を比較することで、自社が改善すべきポイントを見つけ、効果的な業務改善につなげることができるのです。

比較して何が分かる? 比較例とその効果の一部をご紹介

「社員同士を比較」して優れた社員のノウハウを抽出できる

社員同士を比較することで、他の社員より優れた社員を見つけ、「なぜ優れているのか」を捉えることができます。そうすることで、そのノウハウを他の社員にも伝えることができるため、社員の能力の底上げになります。

例えば、業務のスピードが速い社員がどのような手順で業務を行っているかを共有すると、社員全員の業務がより速くなるでしょう。このようにノウハウを抽出するためには、まず社員同士の比較が必要です。

「他社と比較」してコストや投資額に差が出る理由を捉え、自社の環境を見直す

他社の財務諸表が閲覧できる場合、自社と他社を比較すると人件費や設備投資額など、改善余地のある項目が分かります。

例えば「人件費が高い場合、アウトソーシングの積極的な活用」「売り上げ・利益が低い場合、営業フローの改善」など、業務改善に必要な要素が浮かび上がります。他社と比較して改善施策が必要な項目を見つければ、常に業務改善を続けていくことができるのです。

「業界全体と比較」し自社の立ち位置を把握することで、今後の戦略に活かす

業界と自社を比較すると、業界における自社の現状が正確に把握できます。自社の現状を把握することは、今後も業務改善を行ううえで欠かせません。

例えば、自社と市場全体が好況であれば、営業活動に注力するなどの方針が考えられます。さらにその中でも成長力を比較すると、自社の競争力が分かります。業界と比較して現状を正しく捉えることで、継続的な改善方針のヒントが得られます。

この他にも、自社内の別部門や他社製品など、業務改善のために比較できるポイントは多数あります。さまざまな比較を行い、常に業務効率化を意識し続けることが大切です。

業務改善につながる比較対象・項目を見つけることが重要

会社や社員の背景をしっかりと捉えたうえで比較をしなければ、無意味な比較に終わってしまう可能性もあります。

例えば、自社と同程度の売り上げや人数規模の会社を比較対象にすれば、より自社の施策につなげやすい発見が得られるでしょう。最小限の行動で最大限の効果を得られるよう、業務改善につながる比較対象・項目を見つけることが重要です。

ERPとBIツールを併用すれば、比較を手軽に行える

業務改善にとって意義のある比較対象、比較項目を見つけるためには複数のデータを管理、分析しなければならず、なかなか容易ではありません。

ERPを導入すると、自社のデータを手軽に一括管理できます。さらに収集したデータはBIツールを使うことで、視覚的にデータの意味を捉えることができます。ERPとBIツールを同時に活用することで、業務改善につながる比較ができるようになります。

ERPについてもっと詳しく知りたい方へ

大塚商会では、幅広いメーカー・ラインアップのERP・BIツールをご用意しています。

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

ただ、いきなりさまざまな比較をするのは難しい・・・

改善すべき問題を発見するために比較をしようと思っても、下記のような悩みはつきものです。

  • 具体的にはどのような指標で比較すれば?
  • 自社に合ったシステム・ツールは?
  • 比較して見えた課題を解決するには?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。

ナビゲーションメニュー