まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

業務改善案のアイデアやヒント事例

業務改善を効率化させるためのアイデアをヒントとなる事例とともにご紹介

業務改善案のアイデアやヒント事例のポイント

  • 業務改善をする際には、ITを有効活用すると大きな効果が生み出せます。
  • 例えば、「グループウェアでの情報共有」「テレビ会議の活用」などがあります。
  • ITを活用した業務改善案やその導入事例をご紹介します。

[2015年10月 6日]

積極的なIT活用で業務改善の成果を増大させる!

ITシステムを導入して業務改善を図ると、さまざまな業務の効率化とコスト削減ができます。例えば、

  • グループウェアで情報共有を効率化
  • テレビ会議の導入で出張コストを削減
  • クラウド化による運用・管理コスト削減

などが挙げられます。大きな効果を望めるITを業務の中に活用して、業務改善を進めましょう。

IT活用で業務効率アップ! 効果の大きい解決策を三つご紹介

グループウェアを活用し、情報共有の手間を削減

グループウェアを導入すると、場所や時間を問わず社員の情報共有ができるようになります。例えば、「社員のスケジュール管理」「取引先からのメール共有」なども容易です。業務上欠かせない「情報共有」を効率化することは、業務全体の効率化につながります。

その他にも、グループウェアには掲示板や電子承認など多くの機能があります。業務に合わせたカスタマイズをすることで、さらに業務を効率化することができます。

テレビ会議の導入で出張コストを大幅削減

テレビ会議を採用すると、会議に出席するために現地に赴く必要がなくなるため出張コストを削減できます。具体的には交通費や宿泊費、さらには移動時間や日程調整のコストも削減することができるためコスト削減や業務効率アップにつながります。

また、タブレット端末やスマートフォンからもテレビ会議に参加できるため、外出先でも気軽に参加できるほか、テレビ会議を録画することでその後の情報共有にも役立てることが可能です。

クラウドサービスを活用して、情報共有や維持・管理を効率化

グループウェアやオフィスソフトなどのクラウド版を活用すると、クラウド上でデータ編集や共有・保管が手軽にできるため、情報共有やコミュニケーションが容易になります。例えば毎日更新しなければならない書類はクラウド上で更新することで共有する手間を省略できます。

それだけでなく、クラウド版のセキュリティソフトを利用したり、サーバーのクラウド化をすることで、管理・運用コストを削減することもできます。

ここで紹介したもの以外にも、ITを有効活用した業務改善策やヒントは数多くあります。自社にとって最適なアイデアやヒントを取り入れ、業務改善をしましょう。

業務単体ではなく、企業全体の効率を考えたIT活用が重要

特定の部門の負担が軽減されたとしても、他の部門へ負担がかかるようでは、会社にとって有意義ではありません。そのため、特定部門のみを考えて最適化するのではなく、企業全体の効率を考えて業務改善することが大切です。

企業全体の効率を最大化するためには、特定の手段のみに頼るだけではいけません。複数のアプローチから企業全体の業務効率を最大化しましょう。

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

ただ、いきなりITを活用して業務改善を行うのは難しい・・・

ITを活用して業務改善を行う際には、下記のような不安や悩みはつきものです。

  • 今の業務環境に最適な改善策は?
  • コストパフォーマンスは期待できるの?
  • 企業全体の効率を向上させるためには?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。

ナビゲーションメニュー