まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

アウトソーシングをして業務改善

アウトソース会社を有効活用して本来の業務を強化する方法をご紹介

アウトソーシングをして業務改善するポイント

  • 業務の一部をアウトソーシングすることで、企業をスリム化することができます。
  • 具体的には、「重要な業務への注力」「適切な人材配置」などが可能になります。
  • アウトソーシングによって業務改善するための方法やポイントをご紹介します。

[2015年10月 6日]

アウトソーシングで必要な業務に注力できる組織を作る!

アウトソース会社を活用すると、業務の効率化や注力化ができます。例えば、

  • 社員一人ひとりが本来すべき業務へ注力
  • 業務量の変化への柔軟な対応
  • 人材配置の最適化

などが可能になります。アウトソース会社へ外注できる業務を見つけ、適切に振り分けを行うことが業務改善につながるのです。

アウトソーシングをすると何が得られる? 具体的な効果をご紹介

使える時間が増えることで、自社が本来取り組むべき業務に注力できる

法律などの専門的知識を必要とする業務のためだけに自社で専門家を雇うのは多くのコストを要するため、ほとんどの会社では外部の専門事務所に依頼していることでしょう。同様に、他社でもできる業務は積極的にアウトソーシングし、自社の貴重な人材リソースは自社で行う必要がある業務に集約すべきです。
アウトソーシングをして自社の業務に集中できる体制を整備すれば、業務への注力度を増すことができます。自社の強みを伸ばせた結果、市場競争力を高めることができるのです。

急な事業拡大・縮小などにもすぐに対応できる

人員や設備をアウトソーシングすると、自社で抱える固定費を最小限に抑えられるので、事業の拡大や縮小に臨機応変に対応できます。

事業を拡大する際、新たに人員や設備を拡充するのには大きなコストがかかります。また、事業を縮小する際にも、自社の人員や設備に余剰が出るなど無駄なコストが発生してしまいます。人員や設備などをアウトソーシングすると、自社で抱える固定費を減らすことができるので、変化に対応する際に必要なコストを抑えられるのです。

人材配置を最適化して、コスト削減や人材の有効活用ができる

能力が高い社員になると、業務を多数抱えることがあります。しかし、そのよう業務の中には、社内を見ればその人しかできないとしても、社外にはこなせる人がいる業務があるかもしれません。

このように社内で抱えている業務をアウトソーシングすることで、能力が高い人の仕事量を減らし、より重要な業務へ集中してもらうことが可能になります。人材を有効に活用するためには、社内だけでなく、社外の人材を活用することも重要な考え方の一つです。

この他にも、アウトソース会社を活用するとさまざまなメリットがあります。自社で抱える業務の分担や今後の事業拡大を計画中であれば、アウトソーシングを活用すべきです。

業務の独自性とコストを踏まえ、損をしないアウトソーシングに!

アウトソーシングをする際には、まずその業務の独自性と必要な自社コストを比較してみましょう。自社ならではの強みを生かしている業務と、誰がやっても同じ業務を仕分けることが重要です。

独自性が低く(=一般性が高く)、自社でやるにはコストがかかっている業務ほど、外注メリットは大きくなります。逆に、独自性の高い業務は外注に関連した教育コストなどがかさむ可能性もあります。

ERPを活用すると、現状の業務データを手軽に把握できる!

アウトソーシングすべきかどうかを見極めるためには、現状のコストを知ったうえで比較をしなければなりません。しかし、業務ごとのコストはなかなか管理されていないものです。

ERPを導入すると、会社の中にある経営資源が一元管理できるようになります。その結果、業務ごとのコストが一目で分かり、外注する場合のコストとの比較が容易になります。

ERPについてもっと詳しく知りたい方へ

大塚商会では、幅広いメーカー・ラインアップのERP・基幹業務ソフトをご用意しています。

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

ただ、業務のアウトソーシングをいきなり始めるのは難しい…

業務のアウトソーシングは容易に決断できるものでもなく、下記のような不安はつきものです。

  • どの業務をアウトソーシングすればいいの?
  • どれくらいの成果になるの?
  • アウトソース会社選びは?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。

ナビゲーションメニュー