まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

手順を再整備して業務改善

プロセスから見直す! 具体的な手法や効果をご紹介

手順を再整備して業務改善をするポイント

  • 業務プロセスを整備することで、作業効率や品質を向上させられます。
  • 「現状把握から施策立案へ」「フロー図の作成で業務を整理、標準化」などが該当します。
  • 業務プロセスを整備して、業務を改善するポイントをご紹介します。

[2015年10月 6日]

業務プロセスの整備によって作業のクオリティが向上する

プロセスを整備すると業務効率化や品質向上などが可能になります。例えば、プロセス整備で

  • プロセスの中の無駄な作業
  • 業務効率の低下に影響を与えているプロセス

などが分かります。業務プロセス整備をすることで、うまくいっているプロセスと課題があるプロセスを把握でき、どこに手を打つべきかが明らかになり、業務効率・品質向上につながるのです。

業務プロセスを整備して業務改善! 代表的な手法と効果をご紹介

プロセスマネジメントで業務手順のボトルネックを見つける

業務プロセスを整備する方法の一つに「プロセスマネジメント」があります。プロセスマネジメントを行うことで、業務手順の中で改善できる要素を見つけることができます。

例えば営業活動に対してプロセスマネジメントを行うと、面会から受注に至るまでの間で「どこでどれだけ取りこぼしているか」を見つけることができます。このようにプロセスを可視化し課題を抽出することで、効果的な業務改善を行うことができます。

CAPDoで現状を正しく把握することで、直面している課題を明らかにする

業務プロセスを整備する中で、評価(Check)から分析を始めるCAPDoを用いることで、現実の問題に則した改善をすることができます。

CAPDoはPDCAと違い、現状の業務を把握することから始めます。既に企業がスタートしている場合には、何かしらの問題を抱えていることが多くあります。そのため現状調査からはじめるCAPDoは、PDCAサイクルよりも現実に即した手法であり、より高い改善効果が期待できるのです。

業務フローを作成することで、作業効率の向上と品質担保ができる

業務フローを作成すると、これまで人によって異なってきた業務手順が統一できるので、品質の担保や業務プロセスの効率改善ができます。

同じ業務でも人によって作業手順が異なっていると、業務をこなす時間やアウトプットの品質にムラができてしまいます。標準的な業務フローを決めることで、個々人で発生する無駄な作業や、効率の悪い作業を排除することができ、作業効率の向上や品質の担保ができるのです。

このほかにも、さまざまな手法によって業務効率化を図ることができます。業務プロセスを見直すと生産性が飛躍的に向上することがあるので、可能な範囲から取り入れるべきです。

全体の流れを踏まえてプロセスを整備することが重要

手順を再整備することで単一業務の効率が上がったとしても、全体として業務改善につながらなければ会社として意味がありません。

例えば、製造部門で予定より3日早く製造できたとしても、納品日時が変えられないとすれば管理部門で3日間分の管理コストが発生してしまいます。部門単体ではなく、業務全体の流れを踏まえてプロセスを最適化することが重要です。

ERPを導入すると、手軽に企業全体における業務の流れを捉えられる

企業全体のプロセスを整備するにあたって、従来のシステムでは業務ごとにデータが分断されてしまっていれば、全体の流れを掴むことは困難です。

企業のヒト・モノ・カネの流れを一つのデータベースで管理するERPを導入することで、企業全体の業務を手軽に「見える化」することができます。部門を超えた業務のつながりも、関連するデータとともに把握することができるので、企業全体の効率を考えたプロセス整備のヒントが得られるのです。

ERPについてもっと詳しく知りたい方へ

大塚商会では、幅広いメーカー・ラインアップのERPをご用意しています。

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

ただ、いきなり業務プロセスを整備するのは難しい…

業務プロセスを整備して改善を行う場合には、以下のような不安はつきものです。

  • 自社に合った業務プロセス整備の手法は?
  • 業務プロセスの整備で得られる効果は?
  • コストパフォーマンスに見合うの?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。

ナビゲーションメニュー