まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

【Step3】分析・検討する

分析・検討を行うことでより効果的な削減を可能に! 具体的な手法と効果をご紹介

コスト削減における分析・検討のポイント

  • 効果的にコスト削減を行うためには、削減対象の分析・検討が必要です。
  • 例えば、「削減に取り組むべき費用」「無駄の出ない仕入れ個数」などが明らかになります。
  • コストにおける分析・検討の方法とその効果についてご紹介します。

[2015年10月14日]

コストの分析・検討で、実は削減できるコストを発見できる!

無駄なコストを削減するにあたって、コストを分析し、検討することで削減効果の大きい項目を効率的に削減することができます。具体的には、

  • 非効率な作業を可視化できる
  • 売り上げ実績から仕入れ量がより正確に分かる
  • 削減余地と削減しやすさが明らかになる

などの効果があります。分析・検討は効率的な削減には欠かせないプロセスなのです。

分析・検討で効果を判断! 代表的な手法と効果をご紹介

作業ごとに分析することで、省略できる作業を見つけられる

日常業務には非効率な作業などの無駄が多く存在しています。業務を作業単位に分解しその効率を分析することで、付加価値を生まない無駄な作業を発見することができます。

例えば、資料を作成のために過去の紙文書が必要になった場合、その紙文書を探すことに時間がかかってしまうことも少なくありません。紙文書を電子化することで検索・管理を容易にするなど、作業単位で分析することで非効率な作業が見つかり、改善のヒントが得られるのです。

売り上げ実績を分析し仕入れ個数を正しく見積り、無駄なコストの発生を防ぐ

サービスや製品を提供する前には、どれくらいのコストが必要なのか見積りを行う必要があります。売り上げ実績を分析しコストの見積りが正確にできるようになると、仕入れのロスや追加予算の発生を防ぎ、無駄なコストを削減・圧縮することができます。

売り上げ個数の予測は容易ではありませんが、売り上げ実績を分析し傾向などを掴むことでより正確な見積りが可能になります。見積りの精度を向上し、仕入れのロスなど無駄なコストの発生を防ぎましょう。

金額の大きさと削減の容易さを検討し、効果の高い施策を見極める

コスト削減を行う際には、少ない手間で大きな効果を上げたいと考えるものです。項目ごとに金額の大きさと削減しやすさを判断軸に削減アイデアを検討することで、効果的な削減策から実施することができます。

削減余地と削減しやすさを検討しないまま思いつきで削減施策を実施すると、初期投資が回収できなかったり、業務効率が下がってしまったりして、かえってコストがかかってしまうこともあります。削減効果を見極め、効果の高い施策から実施しましょう。

この他にも、コストの基準を決定し、その基準をシステム化して維持することで追加コストの発生を防ぎ、コスト削減につながります。自社にとっての削減効果を分析・検討を行い明らかにしましょう。

さまざまな切り口で分析することで、より効果的な削減が可能に

コストがかかっている原因を分析・検討する際には、無駄がどのように発生しているのか分からないため、さまざまな角度から分析することがポイントです。

例えば、「営業」「開発」など業務ごとに分析していて無駄が発見できなかったとしても、「人件費」「交通費」などの切り口で分析すると無駄が見つかることがあります。さまざまな角度での分析を行うことが効果的な削減には必要です。

BIツールを活用すると、多角的な分析も手軽に行える!

自社のコスト分析を多角的に行おうと思っても、高度な分析には専門知識が必要になってしまうため、容易ではありません。

そこでBIツールを活用すると、データを高速で分析できるので、多角的な分析も手間なく行うことができます。BIツールを活用して分析を手早く、緻密に行うことで、効果的なコスト削減を達成しましょう。

BIツールについてもっと詳しく知りたい方へ

大塚商会では、幅広いメーカー・ラインアップのBIツールをご用意しています。

BIツール・データ分析ソフトについて詳しく見る

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

ただ、いきなりコストの分析・検討をするのは難しい・・・

業務改善のために業務の「見える化」をいざ始めようとすると、ますます悩みや不安が生まれませんか?

  • どうやってデータを見ればいいの?
  • かえってコストや手間がかかるのでは?
  • 自社に合った分析ツール・分析手法は?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。

ナビゲーションメニュー