まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

通信・通話コストを削減したい

通信・通話コストを削減! 見直しのポイントをご紹介

通信・通話コスト削減のポイント

  • 通信・通話コストは「避けられないもの」ですが、決まっているもの、ではありません。
  • 例えば、「プランの見直し」「キャリアの一本化」などを行うとコストが削減できます。
  • 通信・通話コスト削減のために見直すべきポイントをご紹介します。

[2015年10月14日]

通信・通話コストは一度の見直しで継続的な削減に!

通信・通話コストは、不要なプランの見直しや通信方法の最適化によって削減できます。例えば、

  • 携帯電話・スマートフォンの法人プラン活用
  • キャリア統一による定額通話
  • 通信コストと通話コストのセット化

などが挙げられます。通信・通話コストのように毎月必要となるコストを見直すと、長期的な削減効果が期待できます。

通信・通話料を削減! 代表的な見直しポイントをご紹介

ビジネス活用ならではのプランを利用して、基本料金を削減

携帯電話・スマートフォンは営業活動に必要不可欠なツールですが、無計画に配備すると、無駄が多くなります。法人一括契約するなど、基本的な通話プランの変更をするだけでコスト削減ができます。

例えば、「大口台数割引」「無料/低額通話」「通話料割引」「ビジネス割引」といった割引が利用可能です。端末の一元管理による携帯電話の紛失対策や個人情報・顧客情報漏えい対策も容易になるので、会社経営におけるさまざまなリスク削減効果も期待できます。

固定電話と携帯電話の通信キャリアを統一して、通信コストを削減

通常の電話回線やインターネット回線を利用した電話など、さまざまなキャリアが固定電話のプランを多数展開しています。固定電話と携帯電話のキャリアを統一することで、通話の定額化、無料化が可能になり、大幅なコスト削減ができます。

事務所などと外出先の通話が頻繁に行われる場合には、特に大きなコスト削減効果が期待できます。自社の通話状況に合ったプランを選択して、大幅なコスト削減を達成しましょう。

通信コストと通話コストを合わせて見直すことで、セットで削減

会社にとって欠かせないインフラとなったインターネットも、プラン見直すことで通信コストを大きく削減することができます。

例えば、「携帯電話と同じキャリアに加入して通話コストを抑える」「IP電話とセットにして基本料金を削減する」などが挙げられます。インターネットの通信料を通話料と合わせて見直すことで、大幅なコスト削減が期待できます。

この他にも、「不必要な通話をなくす」「IP電話を有効活用する」など身近なところから通信・通話コストは削減可能です。自社の環境に合わせて取り組みましょう。

利用状況などを考慮し、新たな角度からコストを見ることが重要

通信・通話コストを削減するためにはコストと利用状況を合わせて把握する必要があります。

そのうえで、「複数のキャリアに加入しているため基本料金が高い」「時期ごとに通話料のムラがあるが、一番多い時期に合わせている」など、項目ごとだけではなくさまざまな角度から見ることが重要です。そうすることで、無駄なコストと削減方法が見えてくるでしょう。

キャリアにとらわれないプラン選びで、コストを大幅に削減

自社の回線診断をすると、固定電話・携帯電話やインターネットのプランの過不足が把握できます。しかし、既存のキャリアからプランを考えていても最適なプランが見つからない場合が多くあります。

通信・通話コストを削減する際には、複数キャリアを比較、検討することで自社にとって最適なプランを見つけることができます。特定キャリアにとらわれずプランを選ぶことが重要です。

通信・通話コストについてもっと詳しく知りたい方へ

大塚商会では、通信・通話コスト削減のソリューションを幅広くご用意しています。

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

ただ、いきなり通信・通話コストの削減を始めるのは難しい・・・

自社で通信・通話コストを削減しようと思っても、下記のような悩みはつきものです。

  • 自社にとって最適なキャリア・プランは?
  • どれくらい削減が見込めるの?
  • 通信・通話環境はどのように変わる?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。

ナビゲーションメニュー