まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

【Step1】改善対象の洗い出し

まずは削減可能な対象の洗い出しから! 代表例と効果のご紹介

コスト削減・改善対象の洗い出しのポイント

  • コスト削減は、まず改善対象がどこにあるのかを洗い出すことから始まります。
  • 人件費のように大きい経費から電気代などの身近な経費まで、改善対象は多数あります。
  • コスト削減において、改善対象を見つけ、経費削減につなげる方法をご紹介します。

[2015年10月14日]

改善対象をもれなく洗い出すことで、大きな削減効果につながる!

コスト削減に取り組む前に、まず自社の経費を洗い出すことで、改善対象をもれなく捉えることができます。具体的には、

  • 通信費や電気代のように毎日積み重なる経費
  • ライセンス料など年に一回見直しができる経費
  • 人件費など一見変えられないように見える経費

などの削減対象があります。自社の経費における改善対象を洗い出すことが、コスト削減を始める第一歩なのです。

改善対象はさまざま! 代表的なコストとその削減方法や効果をご紹介

通信費や電気代など、日々のコストは一度の見直しで継続的な削減効果に

通信費や電気代など、毎日の業務の中で積み重なる経費は、一度の見直しで継続的なコスト削減につながります。例えば固定電話やインターネットなどの通信費を見ると、加入時は必要だと思っていたものの、実際には使っていない費用が存在するケースがあります。そのような通信費はプランを一度見直すと、その後の継続的な削減につながります。

電気代についても、例えば照明をLEDに変更することでその後の電気代が大きく削減されます。毎日積み重なるコストだからこそ、一度の見直しで大きな効果が期待できるのです。

リースやライセンスなどにかかるコストは、契約数を見直して削減

ITの機器のリース料金やソフトウェアのライセンス料など、利用期間単位で契約・更新する経費は契約数を見直すことでコストを削減できます。例えば、現在使っていないにも関わらず、自動更新になっているため毎年ライセンス料が発生しているアプリケーションがあるかもしれません。

また、リース契約で新たな機器を導入したけれど実際は有効活用されていない場合もあるでしょう。このような項目は、本当に活用しているかどうかを検証することで削減することができるのです。

交通費などの大きなコストも、ITを活用することで削減できる

交通・出張費など「仕方ない」と考えがちなコストも、ITを有効活用することで削減できます。例えば、グループウェアで情報共有を容易にすれば、会議招集にまつわる費用の一部を削減することができます。

また交通・出張費そのものも、テレビ会議を導入してリモートでの会議を可能にするなど、移動そのものをなくすことで削減できます。このように固定費だと思いがちなコストも削減対象に十分になりうるのです。

この他にも、日々の業務の中ではさまざまなコストが発生しています。一つずつ解消することで大きなコスト削減につながる可能性もあるため、無駄の洗い出しと改善をすることが重要です。

洗い出したコストは見える形にしておくことで継続的な削減を可能に

コスト削減を一度実施することは難しいものではありません。しかし、ビジネスを継続していると常に状況が変わっていき、新たなコストの無駄が生まれることがあります。

一度コストを洗い出した後も、常に各コストを視覚化しておくことで、コストの変化を捉えることができます。そうすることで、状況の変化によるコスト増加への対応が可能になるのです。

会計ソフトを活用することでコストの「見える化」が手軽にできる!

コストの視覚化を、エクセルなどで用いて手動で行うのは非常に手間がかかる作業です。

そこで、会計ソフトを導入すると、現在かかっているコストを手軽に管理し、視覚的に把握することができます。項目別にコストを把握しやすい状況を作ることで、総コストが増加してしまった時にすばやく各項目の動きを見極められ、原因を容易に特定できます。

会計ソフトについてもっと詳しく知りたい方へ

大塚商会では、幅広いメーカー・ラインアップの会計ソフトをご用意しています。

会計ソフトについて詳しく見る

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

ただ、削減対象の洗い出しを自分で行うのは難しい・・・

自社で削減対象の洗い出しを行おうと思っても、以下のような悩みはつきものです。

  • まずは何から取り組めばよい?
  • かえってコストや手間がかかるのでは?
  • 本当に削減対象を洗い出せているか不安…

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。

ナビゲーションメニュー