まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

システム維持・管理コストを削減したい

システムにかかるコスト削減! 見直しのポイントをご紹介

システム維持・管理コストのポイント

  • 業務システムそのものは事業に欠かせないものですが、環境を「変える」ことはできます。
  • 例えば、「サーバー費用の削減」「保守管理人員の見直し」などで、コストを削減できます。
  • システム維持・管理コストを削減する方法をご紹介します。

[2015年10月14日]

システムへの出費はサーバー機器自体から見直すことで大幅削減!

企業のシステムに関するコストは、導入時の初期コストだけでなく、維持・管理などのランニングコストにも大きな削減余地があります。例えば、

  • サーバー維持に発生する電気代
  • システムの保守管理要員の人件費
  • システムの老朽化に対応する際の移行費用

などが対象となり得ます。サーバーを自社に最適な形に再編成して、コスト削減を進めましょう。

サーバー仮想化で台数を減らすことが鍵! 具体的な効果をご紹介

サーバー維持にかかるコストを削減

複数台の物理サーバーを所有すると、維持管理にかかるコストが大きくなってしまいます。例えば「サーバー室の“地代”や空調費用」「電気料金」などは、サーバーの台数が多いほどコストも大きくなります。

そこで、サーバー仮想化! 台数を集約することで、維持・運用にかかる費用を削減することができます。また、この場合は物理サーバーの過剰なリソースも集約できるため、より効率的なシステム運用が可能になります。

システムの保守管理にかかる人件費も削減

サーバーを仮想化して台数をまとめると、システムの保守管理に必要な人員を削減できます。自社でシステム運用を行う場合、サーバーを管理する人員の費用も発生し、なおかつ人員のスキル不足が課題になるケースは少なくありません。さらにサーバーを増設すると管理担当者を増員しなければならない場合もあります。
サーバーを仮想化すると台数を削減できるので、保守管理の手間が減り、人件費を削減することができます。

サーバーの移行にかかるコストも最小限に

サーバーが老朽化すると、ハードの入れ替えが必要になります。しかし、新しいサーバーでこれまで使っていたシステムが動かない場合には、システムそのものを再構築しなければならず、多くのコストがかかります。

サーバーの仮想化を行うと古いシステムを使い続けることができるため、移行のためのコストを最小限に抑えることが可能です。新しいシステムを構築する必要が無いため、その分の時間も節約できるだけでなく、慣れ親しんだシステムで安心して利用することもできるのです。

システムを仮想化し集約することで、この他にも「人材育成にかかる費用」「障害発生時の復旧にかかる費用」「ネットワークの費用」などが削減できます。

企業の変化に対応できるサーバー選びで追加コストを抑える

サーバーを仮想化するに当たっては、自社の将来像と、その変化を考慮したサーバー選びが重要です。例えば、企業が成長してさらにデータを保有しなければならなくなった時、サーバーに拡張性がないと余計にコストがかかってしまいます。初期コストだけでなく、今後の運用を考慮したサーバー構築が、システムコストの削減には必要です。

移行後のシミュレーションを行い、最適なシステム環境に!

新しいシステムへの移行は、他の業務に負担をかけてしまったり追加コストが必要になったりとコスト削減に失敗してしまうケースは少なくありません。

新しいシステムへの移行前にシミュレーションを行うと、移行後のミスマッチを防ぐことができます。追加コストを抑えるために、企業の将来を考慮してシミュレーションすることで、どのようなシステムを構築すべきかを判断しましょう。

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

ただ、いきなりシステムにかかるコストの削減は難しい・・・

自社でシステムにかかるコストを削減しようと思っても、下記のような悩みはつきものです。

  • どれくらい削減が見込めるの?
  • システムにどのような影響がある?
  • 事前にシミュレーションするには?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。

ナビゲーションメニュー