まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

誰でもできるデータ分析! 成果を出すための鍵とは?

初心者でも分かる! データ分析で成果を出すための三つのステップをご紹介

データ分析のポイント

  • データ分析の重要性はすっかり浸透し、数々の企業が大きな成果を上げています。しかし「データはあるが、うまく活用できていない」という悩みを抱える企業もまだ多数あります。
  • 難しい印象のあるデータ分析ですが、きちんとステップを踏めば誰でもデータ分析はできます。初心者でもデータ分析ができるステップをご紹介します。

データは宝の山! 活用していないデータがあれば積極的に分析を

企業にはさまざまな形のデータが日々蓄積されています。そのデータをうまく活用することで、「売り上げ向上」や「コスト削減」などにつなげることができます。
しかし、データは蓄積されたままで活用されていないことも。蓄積され、活用されていないデータがあれば積極的にデータを活用したいものです。

多くの企業がデータ分析に注目。数々の企業が大きな成果を創出!

大量なデータを抱える大企業だけでなく、中堅・中小企業も含めさまざまな企業が、データ分析で大きな成果を上げています。
「まだうまくデータを活用できていない…」という会社も、しっかりデータを活用していくことが企業成長の鍵となります。

実は初心者でもできる!? データ分析を行う3ステップとは

統計学などの専門知識がないと、データ分析は行えないと思っていませんか? しかし、ステップをきちんと押さえれば誰でも簡単にデータ分析ができるのです。データ分析を行う3つのステップをご紹介します。

ステップ1. 目的をしっかり定義

データ分析においてまず重要なのは、データ分析の目的が明確に定められていることです。
目的が不明瞭なまま分析を進めると、分析の軸がぶれて解釈が困難になったり、分析そのものに過剰に時間をかけてしまったりなど問題が生じてしまいます。目的をしっかりと定めてから、データ分析を行いましょう。

ステップ2. 目的に応じて必要なデータだけを選定

分析対象のデータは、データ分析の目的に合わせて必要なデータだけを使うことが重要です。
できるだけ多くのデータを使って分析したほうがよい分析結果が得られるのではと思いがちです。しかし不要なデータを分析に含めると、データ量が過剰になって時間を浪費したり、誤った解釈をしてしまうこともあります。データ分析の目的にあったデータの選別を行いましょう。

ステップ3. 分析は専門ツールを使って、手間をかけずに効率化

データの分析には専用ツールを利用するのがおすすめです。エクセルを用いた分析も可能ですが、専門知識が必要だったり、扱えるデータ量が少なかったりなどの欠点もあります。
専用の分析ツールなら、分析内容を選ぶだけで誰でも簡単に分析が可能になります。さらに分析の時間やレポート作成にかかる時間を大幅に短縮もできます。

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

「目的が決まらない」「どのツールがいいの?」など、お悩みの方へ

データ分析について何か気になる点があればお気軽にご相談ください。
お客様とのお取引で培った豊富なノウハウを基に、お客様の状況に必要なデータ分析の手法やツールをご提案します。データ分析についての疑問やお悩みは、100万社に及ぶお取引実績を持つ大塚商会にまずはご相談ください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。