まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

マーケティングデータの分析

広告・販促の効果を上げる! マーケティングデータの分析方法をご紹介

マーケティングデータの分析のポイント

  • マーケティングデータを分析することで広告・販促計画立案のヒントが得られます。
  • 例えば「大きな効果が期待できるターゲット」「施策と売り上げの関係性」などが分かります。
  • マーケティングデータの分析方法とその効果やポイントについてご紹介します。

[2015年 7月27日]

マーケティングデータの分析で、効果的な広告・販促活動ができる!

マーケティングデータを正しく分析すれば、さまざまな情報が得られます。例えば、

  • 集中的に販促活動をするべきターゲットは誰か
  • 最適な広告手段は何か
  • 施策でそれぞれどれくらい効果が出たのか

などが分かります。マーケティングデータを有効活用して、より効果的な広告・販促活動を行いましょう。

広告・販促の基礎から応用まで! データ分析の手法と効果のご紹介

まずは「主成分分析」で優良顧客を選別!

マーケティングデータの基本的な分析手法に、複数の要素からグループ分けをする「主成分分析」があります。主成分分析を行うことで、自社にとって優良な顧客が誰なのかが見えてきます。例えば、

  • 月に1万円以上使う顧客のうち、8割がリピーターだった
  • 月に5回以上購入する顧客のうち、5割が60代の女性だった

などのように、優良顧客が見つかれば、より効果的な広告・販促活動ができるようになります。

次に「クラスター分析」で、効果的なアプローチ方法が分かる

「クラスター分析」では、ターゲットをライフスタイルや意識面で分類することができます。性別や年収などではなく、心理的な属性から、より効果的な広告・販促アプローチが可能になります。例えば、

  • 合理的な考え方をする人には、具体的な数字を用いて訴求
  • 他の人の評価を気にする人には、口コミで説得

など心理に合わせて手を打つことで、より効果的な広告・販促アプローチのヒントが得られます。

さらに「相関分析」で施策の効果が目に見える!

広告や販促活動を実行した後は、「相関分析」を行うことで施策と売り上げの関係性が分かります。施策ごとに効果の有無が検証できるため、

  • 施策Aを行った直後、売り上げが1.5倍になったので継続して実施
  • 施策Bを行ったが、その後1カ月の売上高に変化が見られないので廃止

などのように、施策を継続するか否かの判断ができ、効果的な広告・販促活動に絞ることが可能です。

その他にもマーケティングデータの分析手法を用いることで、効果的な集客や販促活動につながるヒントを見つけることができます。目的に合わせて、適切な分析手法を取り入れましょう。

マーケットに遅れを取らないために、リアルタイムな分析が重要

マーケット、顧客のニーズはリアルタイムで変化していくため、施策を高速で分析し軌道修正することが重要です。リアルタイムに分析していないと、

  • 市場のトレンドに乗り遅れ、機会を逃した
  • ムダな施策に長期間投資していた

など、自社にとっての不利益なことが起きる恐れがあります。リアルタイムでの分析を行うことで、先手で対策を打っていきましょう。

BIツールで変化に乗り遅れないスピーディな分析ができる!

リアルタイムでデータを分析しようと思っても、大量のデータを分析するにはどうしても時間がかかってしまいます。

専門のBIツールを使えば、大量のデータを高速に分析することができるようになります。そのため、リアルタイムな分析が可能になり、効果的なマーケティングデータ分析ができます。

BIツールについてもっと詳しく知りたい方へ

大塚商会では、幅広いメーカー・ラインアップのBIツールをご用意しています。

BIツール・データ分析ソフトについて詳しく見る

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

マーケティングデータ分析をいきなり始めるのは難しい・・・

マーケティング分析を始めるときには、以下のような悩みはつきものです。

  • 顧客の抽出方法が分からない?
  • 自社に合った分析ツールや、分析手法は?
  • コストパフォーマンスは見合うのか?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。