まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

売り上げデータの分析

売り上げデータの分析で分かる! 売り上げ向上のための方法をご紹介

売り上げデータの分析のポイント

  • 売り上げデータを分析すると、売上高や利益率のアップにつながる施策のヒントが得られます。
  • 例えば、「利益に貢献している商品」「以前行ったセールの効果」などを知ることができます。
  • 売り上げデータを分析して得られる効果と分析のポイントをご紹介します。

[2015年 7月27日]

売り上げデータの分析が、売上高や利益率のアップにつながる!

売り上げデータを分析することで、売り上げの現状が具体的に見えてきます。例えば、

  • 売り上げに大きな影響を与える「ジャンル、商品」
  • 顧客が「一緒に買う商品」
  • セール、広告等「施策の効果」

など、このようなヒントをもとに、売上高や利益率のアップを達成する戦略を立てましょう。

売り上げデータの分析で何が分かる? 得られる効果をご紹介

「売れ行きの変化」から、商品構成のヒントに

売れ行きの変化を確認することで、「どのような商品が売れているのか」「人気がなくなっている商品は何か」などが分かります。例えば、

  • 商品Aが売れているから同じジャンルの商品Bを仕入れよう
  • 商品Cは毎月販売数が落ちてきているから仕入れを停止しよう

など、売り上げを向上させるための商品構成のヒントが得られます。また在庫量の調整にもつながり、無駄なコストも削減できます。

「一緒に売れている商品」を見つけ、顧客単価向上

商品同士の関連性を分析する「アソシエーション分析」を行うと、顧客が一緒に買っている商品が分かります。例えば、

  • 商品Aと商品Bが一緒に買われているから、隣り合わせに陳列する

など、顧客が同時に買う可能性が高い商品をセットにして、顧客単価を高めることができます。このように、アソシエーション分析から顧客単価を向上させるヒントが見えてくるでしょう。

「施策ごとの売り上げ効果」を把握し、利益率アップ

売り上げデータの分析では、セールや広告等の施策にどれほどの効果があったのかを知ることもできるのです。例えば、

  • セールの乱発が利益率を下げている
  • 会社周辺でのポスティングは売り上げにつながっていない

などの現状が見えてきます。施策ごとで効果の高さを判断できるため、無駄な施策を廃止するなど、利益率のアップにも活用できます。

その他にもさまざまな売り上げデータの分析手法を用いることで、売り上げ向上や効果的な広告(販売促進)につながるヒントを見つけることができます。何を知りたいかに合わせて適切な分析手法を取り入れましょう。

複数のデータを組み合わせて分析することで、さらに大きな効果に!

売り上げデータだけではどうしても分からないことも、他のデータを組み合わせて多角的に分析することで分かるようになることがあります。例えば、

  • 顧客データでターゲット像をより明確にできる
  • マーケティングデータで「なぜ売れたのか、売れなかったのか」が判明する

など、売り上げや利益率の向上につながる、よりよい施策のヒントが得られます。

BIツールを使えば、複数データの多角的な分析も自由自在!

いざ売り上げデータを分析しようと思っても、「専門知識がなくてできない」「複数のデータを組み合わせるなんて自社では手間がかかり大変だ」とお考えではありませんか?

専門のBIツールを使えば、大量のデータを高速で分析できるため、手間をかけることなく、複数のデータを組み合わせた分析を簡単に行うことができます。

BIツールについてもっと詳しく知りたい方へ

大塚商会では、幅広いメーカー・ラインアップのBIツールをご用意しています。

BIツール・データ分析ソフトについて詳しく見る

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

しかし、売り上げデータ分析をいざ始めようと思っても難しい・・・

売り上げデータの分析をいざ始めようと思っても、下記のような悩みはつきものです。

  • どの項目を指標にすればいいの?
  • 自社に合った分析ツールや、分析手法は?
  • コストパフォーマンスは見合うのか?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。