まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

販売データの分析

販売データの分析で分かる! 目標達成へのヒントをご紹介

販売データの分析のポイント

  • 販売データの分析で、目標達成に向けた販売戦略が立てられます。
  • 具体的には「目標と実績のギャップ」「顧客の購買傾向」などが分かります。
  • 販売データを分析して得られる効果やポイントをご紹介します。

[2015年 7月27日]

販売データ分析で、目標売上高・利益の達成を目指す!

販売データを分析すると、目標と実績がどれだけ開いているのかが視覚的に捉えられます。さらに、

  • よく売れる/あまり売れていない商品
  • 顧客が次に必要となるだろう商品の予測
  • 顧客が商品を買い換えるタイミング

などといった、販売戦略のヒントも得られます。販売データを有効に活用して、目標売上高・利益を達成しましょう。

販売データ分析で何ができる? 代表的な手法と得られる効果のご紹介

まずは「メトリクス分析」で、目標達成へのヒントを得る

販売データ分析の基本的な手法に、データを分かりやすい形に変換するメトリクス分析があります。メトリクス分析を行うことで自社の進捗を正確に捉えることができます。例えば、

  • 計画より遅れているので、人員を増やす/キャンペーンを行う
  • 当初の利益目標より順調なので、設備投資を行う

など、正確に現状を捉えると「いま、何をしなければならないか」という施策のヒントを得ることができます。

次に「ABC分析」で売れ筋・死に筋を把握できる

ABC分析も販売データの分析に有効です。項目をA・B・Cの三つのランクに分けることで、重要度や優先度を明らかにします。例えば、

  • 「よく売れている商品」なら、発注量を増やす
  • 「あまり売れていない商品」なら、発注量を減らすか、販売停止にする
  • 「どちらとも言えない商品」なら、発注量はそのまま様子を見る

などのように、商品構成や、発注量や在庫量の調整のヒントが得られます。

さらに「データマイニング」で顧客の次の行動を予測可能

データの中にある重要なパターンや法則性を抽出するデータマイニングで、顧客の過去の行動から次の行動を予測できます。例えば、

  • 購入数と購入頻度から、在庫が切れるタイミング
  • 購入時期と商品の耐久年数から、買い換えが起こるタイミング
  • 商品が売れる傾向から、顧客Aが次に欲しそうな商品

など、効果的な販売アプローチにつながる予測を立てられます。

その他にも販売データの分析手法は多種多様です。何を知りたいかに合わせて適切な分析手法を取り入れることで、データ分析の効果はより大きくなります。

リアルタイムな分析で、進捗やニーズの変化にすばやく対応!

目標の達成状況や、顧客のニーズはリアルタイムで変化していきます。効果的な施策を打つためには、この変化を正確に捉え、すばやくつかむことが重要です。

  • 作業ペースが落ちてきている
  • 商品Aを買う顧客の数が減り始めている

などの情報を早い段階で得られれば、手遅れになる前に効果的な施策を打つことができます。

BIツールで高速処理ができ、リアルタイムな分析が可能に

効果的な施策を打つためには、最新の進捗状況や顧客ニーズの変化を反映しなければならないため、データを高速で処理する必要があります。

専門のBIツールを使えば、大量のデータを高速に分析することができるようになります。さらに、自由で分析方法を選ぶことができるため、さまざまな分析を手間なく行うことができます。

BIツールについてもっと詳しく知りたい方へ

大塚商会では、幅広いメーカー・ラインアップのBIツールをご用意しています。

BIツール・データ分析ソフトについて詳しく見る

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

販売データ分析をいきなり始めるのは難しい・・・

販売データ分析をはじめるときには、以下のような悩みはつきものです。

  • 進捗管理の方法が分からない
  • 傾向を読み取るのが難しい
  • 販売動向の予測はできるの?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。