まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

ネットワーク構築に欠かせない現状調査

ネットワーク構築の成否は事前の現状調査で決まる!

ネットワーク・現状調査のポイント

  • 十分な現状調査をしないでネットワーク構築に着手をすると、必要な要件を満たさない、十分な速度が出ないなどの問題発生につながります。
  • そうした事態を回避するため「ITシステム構成の把握」「業務フローの分析」「セキュリティ要件の確認」といった現状調査を行うことが大切です。
  • ネットワークを利用する実際のスタッフにヒアリングを行い、現場の声を十分に拾い集めることもポイントです。

[2017年 5月11日]

現状調査が大切な理由とは

ネットワーク構築を行う際、現状調査が不十分だったために支障をきたすことがあります。要件定義があいまいでやりたかったことができない、十分な接続速度が出ず再調整にも手間取るといったケースです。このような事態を回避するために、現状調査をしっかりと行うことが大切になります。

具体的には

  • ITシステム構成の把握
  • 業務フローの分析
  • セキュリティ要件の確認

を実施することでスムーズにネットワーク構築を行うことができます。

ネットワーク構築を成功に導く3つの現状調査

ITシステム構成の把握

最適なネットワークを設計するためにはITシステムの構成と将来像を把握することが不可欠です。アプリケーションごとのユーザー数、利用頻度、活用方法、やり取りされるデータ量などを調べ、ネットワーク設計に反映させます。

また現状の把握だけではなく、今後導入や改修が計画されているシステムも考慮する必要があります。そして多角的なIT環境の調査結果を基に、社外からのアクセスを許可するアプリケーション、必要な回線種類、接続方法などを検討します。

業務フローの分析

ネットワーク構築の代表的な目的は、業務の効率化でしょう。そしてその成果を最大限に引き出すためには、現状の業務フローを詳細に分析することが必要です。

各種業務について、手順、方法、作業場所などを整理し、「人」「業務」「アプリケーション」の中で、何と何を接続すれば業務の効率化が最大化できるかを導き出します。例えば、外出先からリアルタイムで在庫状況を確認する、社内でデータを共有できるようにする、といったことです。

こうした業務フローの改善を視野に入れて、それに応じたネットワーク構築を進めることが大切です。

セキュリティ要件の確認

業務の効率化など大きなメリットを実現するネットワークですが、セキュリティ面の考慮も必要です。ネットワークを構築し利便性が向上したが、情報漏えいを起こしたり不正アクセスが増えたりしては元も子もありません。

システムごとに求められるセキュリティ要件を把握することで、アクセス権限の設定やファイアウォールの設置といった対策の検討に生かします。ネットワークの安全性を確保するためには、セキュリティの要件を確認して配慮することが重要です。

現場の声を取り込み、使い勝手の良いネットワークを実現

現状調査を行う際、ネットワークを利用する実際のスタッフにヒアリングをすることもポイントです。

どの業務にストレスを感じるか、どのように改善したいか、といったヒアリングを行いネットワーク設計に反映させます。この手順を経ることで使い勝手の良いネットワーク構築が実現するでしょう。

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案したソリューション・製品を導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

ただ、いきなり現状調査をするのは難しい…

現状調査が必要なのは分かったとしても、下記のような悩みはつきものです。

  • 調査結果をまとめる書式は?
  • どの程度の細かさで調査すべきか?
  • 調査のためのコストは?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。

ナビゲーションメニュー