まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

ネットワークの設計で押さえるべき点とは

安定したネットワーク環境の構築は設計から! ネットワーク設計のポイントについてご紹介

ネットワーク設計のポイント

  • 設計時の一手間で、ネットワークの構築・運用がよりスムーズに進みます。
  • 例えば、「分かりやすいネットワーク構築図」「システムデータの分離」などがあります。
  • 多くのトラブルを軽減できる、ネットワーク設計におけるポイントをご紹介します。

[2015年12月 8日]

ネットワーク設計の品質を高め、構築・運用時のトラブルを軽減!

ネットワークの設計は、その後の構築・運用に大きく関わります。そのため設計の品質向上が、その後のスムーズな構築・運用につながるのです。例えば、

  • 分かりやすいネットワーク構成図
  • システムデータの分離化
  • 予備システムの確保

などが挙げられます。設計段階での工夫が、トラブル発生のリスクを軽減につながるのです。

構築・運用をより安定・手軽に! 設計段階で実施すべき点をご紹介

「誰もが理解しやすいネットワーク構成図」で設計・運用をよりスムーズに

ネットワークの設計時には、ネットワーク構築図を書かなければなりません。しかし、ネットワーク構築図は書き方に明確なルールがあるわけではないため、作成者以外が理解できない構成図だと、設計・運用段階で不都合が発生してしまいます。誰もが理解しやすいネットワーク構成図を書いておくことで、設計・運用がよりスムーズに行えます。

例えば、ネットワーク機器同士の接続を簡潔に示したり、接続に必要なパスワード・IPアドレスを明記したりすると、トラブルがあった際にも原因の特定がしやすいなどの効果があります。

「システムデータの分離化」で、災害や情報漏えいリスクに備えられる

データの管理体制は、社会的責任を問われる可能性もあるポイントなので、あらかじめできる限りの対策を実施する必要があります。万一の災害やウイルスの脅威にさらされた場合でも、システムデータを複数に分離させておくと、被害を最小限に抑えられます。

複数に分離すると管理の負担が増えると思われがちですが、何重かのセキュリティ対策をとったうえで大元となるデータベースサーバーで管理をすれば、負担が増えることはありません。

「予備システムの確保」で、トラブルが発生しても事業を継続できる

ネットワークに問題が発生すると、さまざまなステークホルダーに迷惑がかかるなど大きな被害が発生してしまいます。予備システムを確保しておくことで、事業の停止率を格段に下げ、事業継続が可能になります。

例えば、稼働中のシステムが故障した場合にも、すぐに待機側のシステムに切り替えられるので、企業活動に大きなダメージがおよぶことはなくなるのです。万が一の場合に備えて、ネットワークを設計しておくことが重要です。

この他にも、外部攻撃が困難なネットワークにするなど多くの押さえるべきポイントがあります。これらを確実に押さえることで、快適かつ安全なネットワーク環境を構築できるのです。

必要な環境を明確にし、自社の利用目的に適したネットワークに!

ネットワークの設計は、どれだけの通信速度が必要か、今後どれくらいの利用人数増加が見込めるかなどによって進めるべき方向性が異なります。

そのため、自社に合った適切なネットワーク環境について、あらかじめ洗い出しておくと、ネットワークの設計がスムーズに運ぶようになります。構築後の運用の手間を削減するためにも、設計時点で正しく環境を定義しましょう。

ネットワーク環境は専門家とともに定義し、正しく設計!

ネットワークの設計をする段階で、通信速度や構築費用などを考慮して環境を定義することは、自社に、IT知識がある人材がいなければとても困難です。

ネットワーク構築における重要な設計段階では、専門家に相談することで、必要な環境が正しく定まり、最適な設計ができます。必要・不必要な機能の選定時などにも、アドバイスをもらい、正しく判断しましょう。

ネットワーク構築についてもっと詳しく知りたい方へ

大塚商会では、ネットワーク構築に関する幅広いラインアップの製品・サービスをご用意しています。

ネットワーク環境の構築・改善について詳しく見る

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

ただ、いきなりネットワークの設計をするのは難しい…

自社に合ったネットワーク設計を行おうと思っても、下記のような悩みはつきものです。

  • ネットワークはどの順番で設計すれば?
  • トラブルが起きた時の対処法は?
  • どのくらいのコストがかかる?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。