まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

快適なネットワーク環境の維持に必要な運用管理

ITシステムの更新や利用状況の変化などに対応・追従できる運用管理を整備

ネットワーク・運用管理のポイント

  • ネットワークには「完成」はありません。日々の運用管理に取り紛れて無計画な増設などをしてしまうと、問題発生と発見の遅れにつながることがあります。
  • 快適なネットワーク環境を維持するため、「ITシステムの更新」「トラフィック量の変化」「障害発生」などにきちんとついていけるような対応手順を整備することが大切です。
  • ネットワークの運用管理手順はマニュアル化することで、属人化を避け、誰もがスムーズに対応できるようになります。

[2017年 5月11日]

ネットワークの運用管理体制を整えトラブルを回避

ネットワーク構築が完了したら、その後の運用管理についても考慮する必要があります。システムの追加でネットワークが複雑化してしまった、それゆえ障害発生時に原因が見つけにくく処置が遅れる、という事態は避けたいものです。こうしたトラブルに遭遇しないためにも以下の状況を想定した運用管理体制を整えることが重要になります。

具体的には

  • ITシステムの更新時
  • トラフィック量の変化発生時
  • 障害発生時

場当たり的な処置をせず、ネットワーク全体を長期的視点で管理していくことが非常に重要なのです。

さまざまな状況を想定してネットワークを運用管理

ITシステム更新に備え、ネットワークの対応手順を整備

ネットワークの運用管理を検討する際、アプリケーションの追加やストレージの補強といったITシステムの更新はあらかじめ想定しておく必要があります。システム更新のたびに間に合わせの対応を繰り返すと、ネットワークの構成がどんどんシンプルさを失い、運用管理が困難になるという悪循環に陥ってしまいます。

そうならないためにも、ルーターやスイッチなどの機器類(物理的要素)と、通信速度やネットワークアドレス(論理的要素)の両面から全体を見渡して管理することが重要です。そしてシステム更新時のネットワーク対応の手順をしっかり想定し、定めておくことで、円滑な運用管理が実現できるようになります。

トラフィック量の変化に応じたネットワークの運用管理

システムの更新が行われない通常運用時にも、ネットワークの運用管理は大切になります。例えば、あるシステムの社内活用が増えることでネットワークの負荷が高まることがあります。あるいは、社外からのアクセスが集中し、ネットワーク上の問題が発生するケースもあるでしょう。

こうした状況に備え、トラフィックを常に監視することが大切です。そうすることでネットワークのトラフィック量に起因するシステムの遅延などが発生した場合、早めの対策を講じることができます。

障害発生時の手順を整理し、スムーズなトラブル対応を

システム更新時や通常運用時だけではなく、障害発生時に備えることも重要です。障害の原因がネットワーク上にある場合は即座に対応する必要があり、慌てることなくトラブルに対処するためにも手順を事前に定めておきましょう。

一口に障害といっても、完全にシステムダウンしてしまうものだけではなく、わずかな遅延を発生するというような軽い症状もあります。そうした小さな障害は、大きな障害を引き起こす予兆である可能性もあるのです。そのため、日々のネットワーク状況をしっかりと監視し、障害発生の要因となる小さな事象を発見し、事前に対処できるようにすることが大切になります。

ネットワークの運用管理手順をマニュアル化して整備

ネットワークの運用管理は、さまざまな状況に備えて対応手順を整えておくことが重要です。そしてその手順は、しっかりとマニュアル化しておきましょう。マニュアル化することで、一部のスタッフしか分からないという事態を避け、誰もが対応できるようになります。

またマニュアル化することで、ネットワークの運用管理に必要な要素を再確認することができます。例えば、ネットワーク障害が発生した場合、代わりの通信手段をどう用意するのか想定していなかったなど、思わぬ気づきがあるかもしれません。マニュアル作成自体を訓練ととらえ、考え得るあらゆる事態に備えておきましょう。

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案したソリューション・製品を導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

ただ、あらゆる状況に備えたネットワークの運用管理は難しい…

ネットワークの運用管理を計画しようとしても、どこまで詳細な状況を想定するかという判断が難しいものです。

  • どこまで詳細な状況を想定するか?
  • マニュアル化の書式は?
  • どの程度のコストを見込むか?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。