まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

危機管理能力を高めるための教育・訓練とは

リスク対策の改善が効率的に! 危機管理体制の教育・訓練についてご紹介

危機管理能力・教育・訓練のポイント

  • 危機に備えるためには、日々の教育・訓練が重要です。
  • 具体的には「事前のシミュレーション」「危機情報のデータベース化」などが効果的です。
  • 企業の危機管理能力を向上させる、教育・訓練の代表的な実践内容をご紹介します。

[2015年11月27日]

教育・訓練を繰り返すことで、危機発生時にも円滑に対応できる!

危機発生時には、落ち着いて迅速な対応をすることが求められます。そのためには社員全員がきちんとした知識を身に付けておくことが大切です。

  • 事前のシミュレーション
  • 定期的な研修
  • 危機情報のデータベース化

を実施することで、社員全員のリスク意識を高め、有事に備えることができるのです。

日々の教育・訓練がいざという時に役立つ! 実践内容と効果をご紹介

有事を想定したシミュレーションで、いざという時にも迅速に対応できる

危機が発生した場合には、スピーディーかつ正確な対処が求められます。そこで、実際の対策のシミュレーションを実施することで、有事の際も正確な行動ができるようになります。

例えば、自然災害発生時の防災訓練や通信手段の切り替えがその対象です。より良いシミュレーションのためには、実施目的を周知させ、危機が起こす影響を確認し、それに備えたリスク対策を実施することが効果的です。

定期的にリスク研修を実施し、社員のリスク意識を高く保つ

リスクへの意識は、日常の中でどうしても薄れてしまいがちなものです。定期的にリスクに関する研修を実施することで、社員のリスク意識を高く保ち、有事に備えることができます。

例えば、研修の中で業務とつなげたディスカッションを実施することで、社員はリスク意識がより高まるだけでなく、日常に潜む新たなリスクが発見できるかもしれません。このように、研修を日常的に実施し、危機発生に備えてリスク意識を高く保ちましょう。

危機情報をデータベース化することで、過去事例から学ぶことができる

自社にとって最適化された対応策であるほど万全な対応が可能になります。そこで自社の危機情報をデータベース化しておくことで、過去のノウハウからより最適な危機対策を選定・実行することができます。

データベースの分析によって、自社独自の効果的な教育・訓練手法が生み出せる可能性もあります。例えば、軽微な事故の事例集を作ることで、社員全体が同様の事故に対する意識を高め、再発を防ぐことができるのです。

これらの危機管理体制の教育・訓練手法は、全体の一部にしか過ぎません。ただ、一つずつ導入を図っていくことが、危機対策の実効性が得られる要因となるのです。

役割ごとの適切な教育・訓練が、各個人のレベルアップにつながる!

危機管理体制は、社員ごとに担う役割や認識の差異が大きいことがあります。全社のレベルをできるだけ高く保つには、一人ひとりの社員が自分の役割を理解するとともに、自分の行動が危機管理とどのように連動しているかの理解を進めることが大切です。

ポジションに応じた教育・訓練を日々行うことで、社員の危機管理体制に対する意識を高めることができます。

自社で補えない教育や研修には、外部の力を借りて効率化!

社内で危機管理体制の教育・訓練を実施するには、リスクマネジメントの知識が深い人材が複数必要になるため、実際に継続的に行うのはなかなか困難なものです。

自社で補えない教育・訓練は、外部の力を借りて効率化しましょう。社員の役職や意識に応じた教育には、多くの手間がかかりますが、それらも外注することで手間をかけずにできるのです。

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

ただ、自社だけで危機管理体制を構築するのは難しい…

危機管理体制を自社で構築しようと思っても、以下のような悩みはつきものです。

  • 何を定める必要がある?
  • 実際どれくらい被害を抑えられる?
  • 具体的にはどのような対策が効果的?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。

ナビゲーションメニュー