まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

リスク要因の洗い出し・評価で課題を特定

重要なリスクをもれなく発見! リスクマネジメントにおける要因の洗い出しと評価をご紹介

リスクの洗い出し・リスク評価のポイント

  • リスクの洗い出しとリスク評価で、重要度の高いリスクをもれなく把握できます。
  • 具体的には「災害リスク」「情報漏えいリスク」などが、対策すべき重大なリスクです。
  • リスク対策の基礎となる、各要因の洗い出しとリスク評価の手法についてご紹介します。

[2015年11月27日]

自社のリスクを分析し、大きな損失につながるリスクを発見!

現状抱えているリスクを洗い出し、それぞれの「重み」を評価することで、重要度の高いリスクを絞り込むことができます。代表的な重大リスクとして

  • 地震や火災などの災害リスク
  • 顧客情報などの情報漏えいリスク
  • システムダウンリスク

などが挙げられます。発生頻度と影響度の把握・分析が、効率的なリスク対策には必要です。

特に重要度の高いリスクは? 代表的なリスクとその対策をご紹介

「災害リスク」には、UPS(無停電電源装置)で対応

地震や台風などの「災害リスク」は、直接の被害のみならず、停電によるサーバーのシステムダウンなどを引き起こし、大きな損失を招くこともあります。

そこで、UPS(無停電電源装置)を導入すると、安全にIT機器の自動シャットダウンができるため、ディスクやソフトウェアの障害を防ぐことができます。また、短期間であれば電源を供給できるモデルもあるため、停電中もある程度の事業継続が可能になります。

電子端末の紛失・盗難による「情報漏えいリスク」には遠隔操作で対処

顧客情報の流出をはじめとした情報漏えいは、一度起きてしまうと顧客の信頼を著しく失う可能性があります。そのため紛失、盗難といったリスクを洗い出し、対応策を考えることが大切です。

特に管理が難しい電子端末は、紛失・盗難を想定した対策が必要です。遠隔操作で端末をロック・初期化できるようにすることで、紛失・盗難時にも端末内のデータ漏えいをある程度防ぐことができます。情報漏えいリスクはITを活用し、リスクを軽減しましょう。

業務を脅かす「システムダウンリスク」には、ハウジングサービスで回避

システムダウンが業務に与える影響は計り知れません。しかしシステムダウンを完全に防ぐことはできないため、できるだけその発生率を下げ、迅速に復旧できる体制を作ることが重要です。

ハウジングサービスを利用すれば、安全なデータセンターで専門の業者にシステムの運用を任せることができます。エンジニアや自家発電装置がついている場合もあり、システムダウンの可能性を大きく低減できるのです。

上記で挙げた以外にも、企業におけるリスクはさまざまあります。ただ、一つ一つの項目をきちんと洗い出し、リスク評価をすることで、自社のリスクをもれなく、重要なものから対処できるのです。

「発生頻度」だけでなく「被害の大きさ」の両面からリスクを分析!

リスクの洗い出し、評価を行うのは、自社が取り組むべきリスクを明らかにするためです。では、どのような基準で取り組むべきリスクを判断すればいいのでしょうか。

まずは、リスクの「発生頻度」と「被害の大きさ」を評価して、取り組むべき順番を明確にしましょう。発生頻度が高く、発生時の被害が大きいリスクほど一刻も早く対策する必要があります。

洗い出し・評価は専門家とともに行い、正しくリスク分析!

リスクの洗い出し・評価を実施する際には、もれなくリストアップしたり、正しく現状を評価したりと専門的な知識がない場合はなかなか困難です。

正しいリスク分析・評価を行う際には、幅広い知識や知見が必要になるため、専門家と共に実施しましょう。中には優先的に取り組むべきリスクを明らかにするだけでなく、その後のプラン策定までサポートしてくれる場合もあります。

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

ただ、いきなりリスクの洗い出し・評価を行うのは難しい・・・

リスクの洗い出し・評価を行おうと思っても、さまざまな不安はつきものです。

  • 本当にリスクは洗い出せている?
  • どのようなリスクが重要?
  • 第三者への依頼には、情報漏えいの不安が…

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。

ナビゲーションメニュー