まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

このままでは危険! セキュリティ対策は現状に合っていますか?

従来のセキュリティ対策では不十分かも!?

近年はサイバー攻撃が巧妙化し、ファイアウォールやウイルス対策ソフトといった従来型の対策では防ぐことが困難になりました。そのため最新型のセキュリティ環境を構築する必要があります。

最新型サイバー攻撃から身を守るには?

近年のサイバー攻撃は「標的型攻撃」と呼ばれ、取引先を装ったメールでセキュリティシステムを通過し、PCにウイルスを感染させるなど非常に巧妙化しています。ファイアウォールやウイルス対策ソフトといった従来型のセキュリティでは、ウイルスのパターンが認知できなかったり、攻撃者との通信をブロックできなかったりと不安要素が多く、甚大(ばくだい)な被害につながることがあります。

例えば、ファイルを暗号化して使用できなくする「ランサムウェア」に感染すると、暗号化解除のための身代金を要求されることがあります。そのほかにも、情報漏えいや業務停止、取引先への被害拡大などさまざまなトラブルが想定され、その損害額は新しいセキュリティの導入費用を大きく上回ることがあります。

この最新の脅威から身を守るには、インターネットから社内システムへアクセスする「入口」と、社内システムからインターネットへとつながる「出口」の双方を強化する「多層防御」が必要です。

「入口」だけでなく「出口」も! 総合的な防御対策が必要

「UTM」で外部の脅威から社内システムを守る

最新の脅威に対抗する代表的なセキュリティシステムが「UTM」です。「Unified Threat Management(統合型脅威管理装置)」の略で、その名のとおり、一つのハードウェアの中にアンチウイルスやWebフィルタリングなど、複数のセキュリティ機能を搭載しています。パターンの異なるさまざまな脅威に対応した賢いシステムですので、巧妙な標的型攻撃にも威力を発揮。また、1台で会社の全端末に対応するなどコストパフォーマンスが高いのも大きな特徴で、莫大な費用をかけることなく「入口」をしっかり防御できます。

機密情報を外に出さない「出口対策」も忘れずに

多くの企業は外部からの攻撃や侵入を想定して数々の入口対策を実施していますが、社外への流出を防ぐ出口対策の方はおろそかにしがちです。しかし「出口」は「入口」と同じくらい重要! しっかり対策しておけば万が一入口が突破されたとしても、出口の段階で機密情報の流出や不正プログラムの拡散を防ぐことができます。先述の「UTM」があれば、入口と同時に出口のセキュリティも強化することができます。

危険を早期に発見することが何よりも重要

事故や被害を最小限に抑えるためには、危険な兆候を早期に発見することが重要です。しかし、リアルタイムでログをチェックして分析するのは至難の業。そんなときは、外部の監視サービスを利用するのがおすすめです。中には、機器のログを収集・分析するだけでなく、標的型攻撃などの予兆を早期に発見し、メールで知らせてくれる「SOC(セキュリティオペレーションセンター)」という便利なサービスもあります。

セキュリティシステムを選ぶ決め手は?

UTMをはじめ最新型脅威に対応したさまざまなセキュリティシステムがありますが、選ぶ際は「機能の豊富さ」「サポート体制の充実度」を基準にするといいでしょう。代表的な製品およびサービスをご紹介します。

1台に複数のセキュリティ機能を搭載する「UTM」

1台で複数のセキュリティ機能が統合されており、外部からのサイバー攻撃と内部からの情報漏えいを阻止します。豊富な機能と高い性能を実現しながら、コストパフォーマンスに優れています。

FortiGate

FortiWiFi

FortiGateに無線アクセスポイントの機能をプラス。小規模オフィスであれば、これ1台で社内を無線LAN化できます。

FortiWiFi

有害なトラフィックだけを遮断し、内部拡散と情報の流出を防ぐ

ウイルス感染したPCからの攻撃を検知し、通信を遮断。内部におけるウイルスの拡散を防止します。内部への拡散動作だけをブロックするため、正常な通信には影響しないので通常の業務を止めることはありません。

SubGate

攻撃の検出と分析、対応策をお知らせ

インターネットからの攻撃に対して通知メール、セキュリティレポート、さらに電話/E-mailによるサポートを行います。セキュリティ管理担当者がいない会社でも大塚商会が代わってセキュリティ支援を行います。

SOC(セキュリティオペレーションセンター)

ネットワークセキュリティの「多層防御」と「脅威の早期発見」をまとめて実現

最新型サイバー攻撃を防御するポイントは「多層防御」と「早期発見」です。大塚商会ならこの二つを可能にする製品・サービスをまとめてご提供することが可能です。

また、機器やネットワークの設定・連携、セキュリティ対策のアップデートなど、導入時・導入後の手間のかかる作業も丸ごとお任せいただけます。ご相談から購入、サポートまでワンストップでお引き受けします。