まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

手間をかけずに効果を高める「人材育成」の鍵とは?

人材育成を効率的に進めるには? 押さえるべきポイントをご紹介

人材育成のポイント

  • 人材育成は企業の成長には欠かせないものですが、社内の教育担当者に余裕が無いため、適切な対応が十分にできていないことはよくあります。
  • 手間や時間を必要以上にかけずに効果的な人材育成を行うためには、自社でやるべきことを見極め、積極的にアウトソーシングを併用することが大切です。

[2015年12月15日]

成長企業は人材育成に力を入れている。人材育成で業績向上も!

社内の人手も時間も限られており、つい人材育成への対策は後回しにされがちです。しかし、成長を続けている企業の多くは育成の重要性を理解し、人材育成に力を入れています。
実際に、基礎スキルを定着させたことで年間の案件数が急増したケースもあり、人材育成は会社の成長に直結するものと言えます。

「時間がない」「人がいない」で諦めず、外部へ切り出すのが鍵

人材育成を全て自社で実施するのは大変なものです。人材育成に力を入れた結果、必要以上の手間・時間がかかってしまい、本来の業務の時間が取れないなどということもあります。

極力手間をかけずに最大限の効果を引き出すためには、自社でやるべきものを見極め、外部に切り出せるものは、積極的に外部の力を活用することが重要です。

「外部」に切り出すべきは、「基本スキル・知識」の習得

社会人が一般的に身につける「基本スキル・知識」は、既に教育方法が確立しており、外部セミナーも多数あります。うまく外注することで、手間なく効率的に社員のスキル・知識のレベル向上が見込めます。

よくある人材育成の失敗とは

自社で育成しようと手を出したものの準備の時間が足りず、品質の低い研修しかできなかったということもよくあります。その結果、日常業務は圧迫され、余計大変になるということも。

また、育成を複数の上司に任せた結果、育成が属人的になり、社員ごとに身につくスキルがバラバラになることもあります。

成功する企業の人材育成方法とは

人材育成に成功している企業も、人手や時間に限りがあることは同じです。違いはどこに?

実は、自社でやるべき部分は自社でしっかりと育成しながら、外部に任せられるものは、適切に外部に切り出して、手間を減らして効率を高めているのです。

例えば、以下のような「基本スキル・知識」は外部活用のチャンス
  • ビジネスマナー」の定着
    自社で実施するとどうしてもだらけがちになってしまうマナー研修。外部講師を活用することで、場を引きしめる効果が得られやすくなります。
  • 保険知識」、「金融知識」などの業界知識の習得
    自社で一からしっかり研修すると準備が相当大変なものです。体系だった外部講座を利用することで、手軽にもれなく必要な知識の習得が狙えます。
  • CAD」、「ホームページ作成」などの特定ツールの使い方
    指導に慣れていない自社の社員が行うより、そのツールのプロ指導員をつけることで、より確実なスキルアップとさらに便利に使う知恵も手に入れることが見込めます。

PCスキルの向上は、eラーニングがオススメ!

「パワーポイント」、「エクセル」などのPCの基本スキルは、使わないと覚えないものです。

インターネット環境さえあれば簡単に導入できるeラーニングは、各自のスキルレベルから始められ、FAQや小テストなど理解を深めるさまざまな機能を備え、スキルの定着を確実に進めていくことができます。

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

「うちならどうする?」「外部に任せて大丈夫?」とお悩みの方へ

企業の業種・業態、規模、求める人材像によって、とるべき人材育成の方法はさまざまです。
大塚商会ではお取引実績100万社のデータをもとに、それぞれのお客様が強化すべき育成ポイントとその方法を詳しくご説明しております。まずはお気軽にご相談ください。

効果的な人材育成について、分かりやすくご説明します(人材育成についての詳しいご説明や他社の各種セミナーのご紹介なども承ります)

ナビゲーションメニュー