まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

eラーニング:人材育成をアウトソースして効率化

人材育成までなかなか手が回らない! eラーニングの活用で効率アップ&工数ダウン

人材育成・eラーニングのポイント

  • 業務に忙殺されて、人材育成のための十分な時間を確保できないことがあります。
  • いつでもどこでも学習可能なeラーニングを活用して、人材育成にまつわる面倒な業務をアウトソースしませんか。
  • 豊富なコンテンツを活用でき、システム上で効率的に成績管理、進捗管理できます。

[2017年 2月23日]

時間の確保が難しい人材育成

日々業務に追われる中で人材育成のための時間を十分に確保することは、受講者にとっても教える側にとっても難しいものです。外部の集合研修を利用する場合でも、移動も含めて多くの時間が割かれ、社内で実施する場合は教える側の時間調整も必要になります。

この課題を解決するためにはeラーニングの活用が有効です。eラーニングを活用することで

  • いつでもどこでも学習可能な環境が実現
  • 豊富なコンテンツから必要なものだけを活用可能

などのメリットが生まれます。

eラーニングのメリット

eラーニングの活用で、いつでもどこでも学習可能な環境を!

eラーニングを導入すると、パソコンとネットワークさえあればいつでもどこでも受講できるようになります。集合研修やセミナーでは時間と場所が限定されますが、eラーニングは社員の都合が良い時間に自由に学習を進められるほか、成績管理や進捗管理も手軽に行えるようになります。

また外部のeラーニングサービスを活用すれば資料やテキスト作成などの事務作業が削減されます。

豊富なeラーニングのコンテンツからニーズに応じたものを効率的に活用

自社でeラーニングの仕組みを構築することが難しければ、教育・人材育成事業を提供する外部業者を利用することも検討しましょう。このようなサービスではコンテンツのバリエーションが豊富で、さまざまな教育ニーズに即したものが用意されています。

多彩なコンテンツの中から職位や職種に応じて必要なもののみを選択することで、効率のいい学習環境を整えることができます。例えば、若手社員には基本的なITスキルに関する研修を、IT部門の社員には専門的なプログラム研修を適用するなど、適切に使い分けることで効率的な人材育成を実践できるようになります。

eラーニングについてもっと詳しく知りたい方へ

大塚商会では、目的・環境に応じた各種eラーニングソリューションを展開しています。

eラーニングについて詳しく見る

eラーニングには動機付けも重要

eラーニング以外にも社員の自己学習を促す工夫を施せば、時間のやりくりを手助けすることができます。例えば、ワーク・ライフ・バランスに配慮して業務とプライベートを両立できるようにすれば、自己学習のための余裕を生み出すことが可能になります。

あるいは実務を通じてトレーニングを行うOJTを取り入れることで、業務と学習の両立を推進することも有効でしょう。このように会社全体で社員の自己学習機会を生み出していくことで、継続的な人材育成が実現します。

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

でも、eラーニング環境の構築は大変だ…

eラーニングの環境を構築することはハードルが高く、コストも気になります。

  • どの程度の規模の環境を構築すべきか?
  • 開発期間や費用は?
  • コンテンツの準備はどうすればいいのか?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

効果的な人材育成について、分かりやすくご説明します
(人材育成についての詳しいご説明や他社の各種セミナーのご紹介なども承ります)

ナビゲーションメニュー