マネージャー100人に聞きました! リーダー研修の真実

部下を管理する術を学ぶリーダー研修。その満足度とは?

部下をうまく管理するためのスキルを学ぶ、リーダー研修。実際にリーダー研修を受けたことがあるマネージャー100人にリーダー研修の真実をヒアリングしました。果たしてその満足度とは?

[2017年 9月26日]

2人に1人はリーダー研修経験あり

管理職とは、労働現場において労働者を管理する立場の役職の総称です。指示を与えられる側から与える側へと、180度立場が変わるので、覚えることもたくさん。

企業側も業務最前線での管理がうまくいっているか否かで、業績が大幅に変わってくるため、積極的に研修などを行うようになっています。管理職の方で、研修を受講したことがある人は5割強にも上るという調査結果もあるほどです。

アンケート調査の実施概要

リーダー研修経験者に、実際の研修内容についてアンケート調査を実施しました。

調査期間
2017年8月25日~8月29日
調査方法
インターネット調査
対象
全国の管理職経験のある30歳~59歳男女
有効回答数
112名

リーダー研修の満足度は?

では実際に、受講したことがある人の中では、満足度はどれくらいだったのでしょうか?結果は「大変満足」「満足」を含め、全体の48.2%が満足と答えています。

「不満である」と答えた人は約10%と、全体として研修の満足度は高いことが伺えます。

気になるのは「特にない」と答えた方々。全体の42%と大きなシェアを誇っています。このことは、参加に関して高いモチベーションを感じられるセミナーを準備することの重要さを物語っています。

満足度向上には講師の話術・職務との整合性が大切!

満足度が高かった要因として、「講師の話がわかりやすかった」が75.9%、「職務に合致していた」が48.1%となり、セミナー自体の面白さと、実際のスキルアップにつながるかどうかが、満足度のバロメーターになっているようです。

また、「人脈が広がった」などのように、セミナー内容とは外れた場所で、満足度の向上に寄与する場合もあります。

講師はもちろん、その他の参加者と話ができる形式のセミナーがあれば積極的に取り入れてみてはいかがですか?

不満の理由は…8割が答えた大問題!

会社が用意したセミナーに満足できなかった方々はどのような点に不満を感じているのでしょうか?

不満足を表明した人の8割が「自身の職務との関連性が見いだしにくかった」と答えています。ここで会社と受講者の意識がずれていることは大問題です。

関連性が感じられないと「退屈」に感じ、中には「時間の無駄」といい切ってしまう意見も。

セミナーを用意する場合は、各部署の事業領域をしっかり把握した上で、合致するセミナーをきちんと設定しましょう。

こんなセミナーはイヤだ! 経験者の声

  • 山の中の寺で大声を出したり、山の中でのオリエンテーリングを行った
  • 精神論が主で、実践的な内容の講習とは言えなかった
  • ロジカルな説明ではなくて、感情論のような講義だった

実際に不満があった人の中には上記のような答えもありました。具体的に挙がった不満の中では、技術やテクニックではなく、精神論を述べるようなセミナーが多く挙がりました。山の中で大声はなかなか衝撃的ですね…

セミナー受講者はスキルアップを望んでいるという傾向があるので、精神的な面に言及するセミナーはあまり人気がないのかもしれません。もちろん、そういう研修がフィットする人もいますが、気をつけておいた方がよいでしょう。

セミナー研修は実践的な内容がGood!

いかがでしたでしょうか? 満足した人、不満だった人、双方の意見を聞くと、求められるセミナーの形が見えてきます。

「実務に活かせるテクニックをわかりやすく、簡潔に」。ズバリ、これが受講者の望みだということなのです。

大塚商会でも多彩なセミナーをご用意しています。また、セミナーを用意するだけでなく、各企業の実情に即した人材育成計画の策定も行っておりますので、ぜひご相談ください。

ナビゲーションメニュー