まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

新入社員研修の目的とは?

目的ごとに内容もさまざま! 新入社員研修において設定すべき目的と研修内容についてご紹介

新入社員研修・目的のポイント

  • 新入社員研修にはさまざまな目的があり、それによって実施すべき研修内容も変わります。
  • 例えば「コミュニケーション能力の向上」を目的とした「ワークショップ」などがあります。
  • 新入社員研修の目的の定め方と、それに適した方法をご紹介します。

[2015年12月15日]

目的ごとに研修を使い分け、成果につながる新入社員研修に!

新入社員研修は漠然と行っていても大きな効果を得られません。明確な目的を持ち、その目的を達成するために最適な研修を選ぶことが重要です。

  • ビジネスマナー研修で社会人の作法を浸透
  • 企業理念の理解を深めるマネジメント層と対話
  • コミュニケーション力の向上を目指すワークショップ

このように目的を明確にして、新入社員研修を行うと、自社の戦力となる人材の育成につながります。

狙いを実現するには? 実施すべき研修とその効果をご紹介

「社会人としての振る舞い」ができるよう、ビジネスマナー研修から実施

新入社員は、社会人としての適切な振る舞いや身だしなみを正しく理解できていない場合がほとんどです。まずはビジネスマナー研修を行い、最低限の振る舞いや作法を身につけさせることが必要です。

ビジネスマナーを身につけることで、社会人としての自覚が高まるなどの効果も期待できます。基本的な挨拶から電話対応、ビジネス文書の書き方など、企業が重要視するポイントに合わせて実施することが求められます。

「新入社員の企業理解を進める」には、マネジメント層との対話を実施

企業理念は経営の根幹であり、社員全員が理解を深めておく必要があります。企業理念を体現していく中核となるマネジメント層との対話機会を設けることは、企業理念の理解促進につながります。

企業理念や戦略の理解は、今後の業務を行っていくうえで必要となるものです。また、マネジメント層は、新入社員に企業の狙いを分かりやすく噛み砕き、理解させることが求められます。

「コミュニケーション力を向上させる」には、ワークショップ形式の研修を

コミュニケーション力は、社内でのチームワークや情報共有に関わるうえ、取引先とのやりとりにも必要なため、社会人にとって欠かせないスキルですワークショップ形式の研修は、発言の積極性を養えたり、自らのアイデアを多角的に捉えられたりするため、コミュニケーション力を向上させるには最適な機会です。

実施に際しては、トライアンドエラーによる成長を促すためにも、一度ではなく数回に分けて行うことが推奨されます。

狙いを明確にした研修は、自社が求める人材を育成する基礎となります。自社の成長を考えるうえでも、漠然と研修をするのではなく、将来を見据えた長期的な視点で目的と研修を検討しなければなりません。

研修ノウハウを最大限活用し、手間をかけず効果的な研修に!

企業の目的に合わせて一貫した育成・研修を行うと、新入社員研修はさらに効果的になります。ただ、一貫した育成・研修には、教える側のノウハウが欠かせません。

きちんとした知識をもとにした研修でなければ、かえって混乱を招くような事態になりかねません。教える側はきちんとした研修ノウハウをあらかじめ身につけておくべきです。

足りないノウハウは、アウトソースで補完して強化!

一貫した育成・研修を実現しようと考えても、自社にノウハウが蓄積されていない場合はなかなか難しいものです。

そこで有効な手段となるのが、アウトソースの利用です。専門的な研修ノウハウを持ったところに依頼すれば、自社に足りない知識を補完することができます。さまざまなスキルを伸ばすことができるようになるため、より効果的な新入社員研修になります。

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

しかし、新入社員研修には他にも多くの不安が…

目的を明確にし、新入社員研修を進めていても多くの悩みや不安は出てくるものです。

  • 必ず実施すべき研修は何?
  • 入社前に研修を実施するには?
  • どの研修内容を外注すべきか分からない…

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。

ナビゲーションメニュー