まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

人材育成を成功させるポイントとは

人材育成のポイントは自発性! 社員の意欲を高め人材育成を成功させるポイントをご紹介

人材育成のポイント

  • 人材育成を成功させるポイントは、「社員の学びに対する自発性をどう高めるか」です。
  • また、「学ぶ自発性」だけでなく「教える自発性」も高めるとさらなる効果が見込めます。
  • 人材育成において、社員の自発性を高める方法とその効果についてご紹介します。

[2015年12月15日]

人材育成の鍵は社員の自発性! 自ら考え、育つ・育てる人材に

人材育成を社内で進めていくうえで重要なのは「社員の自発性」です。なぜなら、人材育成の効果はすぐに現れるものではなく、継続して実施するモチベーションが重要になってくるからです。

また、自ら学ぶことでスキルを高めるだけではなく、自分のノウハウを共有・継承していくことも重要です。そのためにも、自ら学ぶ・教えることが奨励される環境づくりが企業には必要です。

どのようにやる気を引き出す? 押さえるべきポイントをご紹介

「人材育成の目的・目標の共有」で、社員の学習意欲を向上

ただ漠然と人材育成を実施していては学習の押しつけになり、モチベーション低下につながりやすくなります。企業全体に人材育成の目的・目標を周知させると、それを達成するためのプロセスが分かりやすくなり、社員一人ひとりの学習意欲が向上します。

大きな枠組みとしての目的・目標を共有するのはもちろんですが、それに伴った研修に際しても、説明などを通した同様の取り組みを行うと効果が得られるようになります。

「教える側も評価される制度」で、社員の育成への参加を促進

人材育成を成功させるためには、属人化したノウハウをいかに企業全体で共有し、利益を最大化するかが重要なポイントになります。研修を受ける側だけではなく、教える側も評価される制度を導入し、ノウハウの共有を促進、全体の利益につなげましょう。

学ぶ自発性のみならず、教える自発性を養う制度づくりは、企業が成長するうえで欠かすことができません。評価の仕組みを見直し、企業全体で教え合う環境を整えることが重要なのです。

「継続できる仕組みづくり」で、学びやすい環境を整備

人材育成は日々の積み重ねによって高い効果を得られるものです。そのため、社員の自己学習を支援する環境を整備し、継続的に学びを続けていくことが重要です。

例えば、仕事とプライベートの両立を目指すワーク・ライフ・バランスの観点から職場環境を整備し、自己学習の余裕を与えるなど、学習支援を企業全体で行っていくことが効果的です。また学びやすい環境は、意欲の高い優秀な人材を定着させることにもつながる利点があります。

社員の自発性を高めることは、人材育成において最も重要視されるポイントです。社内にきちんとした人材育成支援システムを構築することで、企業の利益に貢献できる社員の育成が近づきます。

社員の学習意欲は、職位に合わせた機会提供でさらに向上できる!

社員の能力や状況に合った学習機会の提供は、個人が学習の必要性を感じやすくなるので、自発的な学習を促すことができます。さらに適切な学習機会を得た社員は、より効率的に自分のスキルを向上できるようになり、企業への貢献度も高まるでしょう。

例えば、若手社員には業務遂行能力を高める基礎的な研修をしたり、管理職には組織をコントロールするスキルが身につく応用的なセミナーを受けさせたりします。

eラーニング・外部研修の活用で、少ない手間で学びの場を提供!

社員に対して企業から学習機会を提供することは、教える側のリソースや費用などの問題があってなかなか難しいものです。

そこで、eラーニングや外部研修を活用することで、少ない手間で社員の学習環境を整えることができます。中でもeラーニングは、電子端末によるテキストデータでの学習が可能なので、資料作成をはじめとする事務作業が削減されるだけでなく、成績管理なども手軽に行えるようになります。

eラーニングについてもっと詳しく知りたい方へ

大塚商会では、目的・環境に応じた各種eラーニングソリューションを展開しています。

eラーニングについて詳しく見る

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

ただ、自社だけで社員の自発性を向上・継続させていくのは難しい…

人材育成において社員の自発性を促そうと思っても、多くの疑問や不安はつきものです。

  • 社員のモチベーション管理は?
  • 不満を持つ社員はいない?
  • 学習機会をどうやって与えるべき?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。

ナビゲーションメニュー