まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

人材育成は何を目的にすべき?

企業の発展は人材育成から! 人材育成において設定すべき目的と手段をご紹介

人材育成・目的のポイント

  • 人材育成は、明確な目的を持って実施することで企業の利益に結びつきやすくなります。
  • 例えば「生産性アップ」のためには、「基礎スキル研修」などから実施しましょう。
  • 企業の発展につながる人材育成の目的と、その達成手段についてご紹介します。

[2015年12月15日]

明確な目的を持った人材育成が、業績アップにつながる

人材育成の重要性を漠然と感じていながら、その効果を実感していない企業は少なくありません。しかし、明確な目的を持って人材育成を実施すれば、企業にとって有益な結果が得られます。例えば、

  • 「生産性アップ」なら基礎スキル研修
  • 「サービスの改善」に新たなスキルの取得推進
  • 「新たな業務」に専門スキル研修

などのように目的を定めることで、実施内容も明確になるのです。

目的別に効果的な人材育成のアプローチをご紹介

「生産性アップ」の達成は、基礎スキル研修で日々の業務を効率化

企業が取り扱う業務の基礎的なスキルを社員に身につけさせることで、日々の業務効率が向上し、生産性がアップします。社員のなかには、基礎スキルを習得しないまま実務レベルでの作業を続けている人がいますが、そうすると必要以上に処理時間がかかってしまい、効率的ではありません。

例えば、毎日行う必要がある作業など、改善余地とその効果を考えつつ、大きな効果を得られるようにスキルを向上させましょう。

「既存製品・サービスの改善」には、能力向上のためのスキル取得を促進

既存製品やサービスの改善に取り組むには、高い視点から物事を俯瞰し、現状の問題点を見つける能力が必要です。新たなスキルの取得を推進すると社員一人ひとりの能力が高まるため、既存サービスの改善につながります。

具体的には、資格の取得や社外セミナーの参加にかかる費用を負担したり、国内外の学術機関との連携を図ったりする制度の構築が求められます。各社員の能力を高めて、さらなる改善に取り組みましょう。

「新たな業務への取り組み」には、専門的な研修で知識を増やす

専門スキルを学習できる研修を実施すれば、自社にはないノウハウを蓄積できるので、今までにはない新たな業務に取り組めます。例えばデータ分析やCAD関連のスキルなどを取得するため、研修を実施している企業も少なくありません。

ただ、新たな業務に取り組むためのプロセスをあらかじめ構築しておかなければ、効果を得られないリスクがあります。研修の実施とともに、プロセスの整備も必要です。

人材育成にあたっては、企業の目的を明確にすることがポイントです。目的に応じたアプローチができるようになれば、企業のさらなる成長に期待が持てます。

自社の状況に沿った目的を設定、企業にとって価値のある人材育成に

人材育成の目的は、企業としてどのような状況かによって異なります。自社の置かれている状況とかけ離れた目的を立てると、人材育成は企業にとって意味のないものになってしまうのです。

そのため、人材育成の目的を立てる際には、自社の現状を把握することが重要です。例えば、業務改善ならば、業務ごとに優先順位を付け、重要度の高い業務に対するアプローチを考える方法があります。

外部の意見を取り入れ、企業の方向性に合致した人材育成を!

企業の目指す方向性をもとに人材育成の目的を決定したり、具体的なアプローチを選定したりするのは、自社だけの主観的な判断では難しいものです。

そこで人材育成の専門家など外部の意見を取り入れると、客観的な判断ができるようになります。客観的なアドバイスを入れて、目的設定から具体的なアプローチまで、一貫して自社に合ったものを選びましょう。

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案した製品・ソリューションを導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。

ただ、自社だけで人材育成を進めていくのは難しい…

目的を明確にし、人材育成を進めていこうと思っても、下記のような疑問や不安はつきものです。

  • 的確な目的設定ができているか不安…
  • 継続的に実施していくには?
  • 本当に業績につながる?

ぜひ、大塚商会にお任せください。

100万社の豊富な実績を持つ大塚商会が、
分かりやすくご説明します。

ナビゲーションメニュー