まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

AI導入の第一歩はチャットボットから(後編)

製品の導入・活用支援営業・業務プロセス効率化

【この記事のポイント】

  • 高いチャットボットサービスは全部やってもらえて楽なようだが、稼働まで長い時間がかかる。安いサービスは動かすまでが大変。お互いに汗をかく「パートナー」が大事だ。
  • 大塚商会の「たよれーる AIチャットボットサービス」なら、リアルな導入経験が豊富にある。現実味のある支援が特長なので、パートナーとして一緒に作り上げていける。

経験豊富な大塚商会による資料がダウンロードできます。

「AI導入の第一歩はチャットボットから」に関する、さらに詳しい資料をご用意しました。ダウンロードは無料!

AIチャットボットサービスの選び方

最近、いろいろなAIチャットボットサービスがあるが、サービスごとの違いがよく分からない。サービスを選ぶときには、どんなことに気を付けたらいいのか。(B社長)

導入の手間とコストのバランスの良いものを選択

チャットボットのサービスは多々出回っていますが、大別すると高機能だけど価格の高いものと、低価格だけど導入に手間が掛かるものに分かれます。AIに自分たちのノウハウを学習させるところからスタートしますので、最初から複雑で高機能なAI化を目指すと、労力と費用をかけた割には効果が得られないこともあります。逆に安いタイプのものは自身で構築する範囲が増えるため、慣れていないと途中で頓挫したり、使い勝手が悪かったり、という結果になることも。手間とコストのバランスを考えて選択しましょう。(山田)

たよれーるAIチャットボットはサービスとノウハウを提供

ウチの会社では、資材課の問い合わせ対応業務対応でチャットボットの導入を検討している。たよれーるAIチャットボットサービスの特色を具体的に教えてほしい。

大塚商会オリジナルノウハウ提供でスムーズな導入

サービスとノウハウをあわせてご提供できる点が特長です。中でもノウハウについては、私ども大塚商会もリアルな試行錯誤、改善・改良を重ねて、今では月に1万2千件を超えるアクセスがあります。ここで培ったノウハウをご提供するところがポイントです。例えばAIに学習させるトレーニングデータ作成では、回答に対しての質問パターンが多いほうが質問者の意図をより正しく判断できるようになります。このような質問パターンを増やすためのアドバイスなどを行うことで、他社よりも高い導入効果を実現しています。(山田)

AIチャットボットサービスの価格と提供内容について

たよれーるチャットボットサービスの「ベーシックコース」と「アドバンスコース」には、どのような違いがあるのか。コースの選択基準を教えてほしい。

初めてのAI導入はスモールスタートがお勧めです

一つの質問に一つの答えが返ってくるシンプルなベーシックコースに対して、オリジナルの会話フローを作るのがアドバンスコースです。例えば、質問を大分類・中分類・小分類に分けて<製品について/製品のサービスについて/製品のサポート内容について>などの絞り込みで回答に誘導していくチャットボットを作りたい場合、大塚商会のSEがお客様に代わってオリジナルの会話フローを構築します。最初はベーシックで構築・運用し、必要に応じてオリジナルの会話フローを構築させていただくことも可能です。(山田)

【総評】共に作り上げ、PDCAで精度を高めるAI

AIが自分で学習して成長することはありません。AIの判断を支えるのは人間が作成したトレーニングデータであり、 トレーニングはとても手間が掛かります。社内関係者(ベテランを含む)が一体となって取り組む必要があるため、関係者全員に目的や効果を伝え、課題とゴールを明確にするところからスタートしましょう。効率よく運用するにはエンジニアの継続的なサポートも欠かせません。大塚商会の豊富な経験とノウハウが構築を後押しします。導入後も定期的に点検・修正して「使えるAI」へと成長させていきましょう。(まとめ 及川 昭理)

株式会社ビジネスボックス 及川 昭理

経験豊富な大塚商会による資料がダウンロードできます。

「AI導入の第一歩はチャットボットから」に関する、さらに詳しい資料をご用意しました。

  • ダウンロードは無料!
  • 過去の資料もまとめてダウンロード可能

資料をダウンロード(無料)

「いまどきのIT活用」から同じキーワードや課題の記事をご紹介

  • ERP・基幹業務・業務管理営業・業務プロセス効率化経営基盤強化・リスク対策

    働き方改革を実現する生産管理の実稼働とは(後編)

    「長時間労働対策」「生産性向上」「業務の効率化」は取り組みたい重要なテーマとしつつ、“最も改革が難しい”とするIT担当者は多い。その背景に何があるのでしょう?

    [2019年 5月30日公開]

  • ERP・基幹業務・業務管理営業・業務プロセス効率化経営基盤強化・リスク対策

    働き方改革を実現する生産管理の実稼働とは(前編)

    「長時間労働対策」「生産性向上」「業務の効率化」は取り組みたい重要なテーマとしつつ、“最も改革が難しい”とするIT担当者は多い。その背景に何があるのでしょう?

    [2019年 5月16日公開]

100万社を超える実績の中から、関連する事例をご紹介

大塚商会から提案したソリューション・製品を導入いただき、業務上の課題を解決されたさまざまな業種のお客様の事例をご紹介します。