ここから本文です。

【IT導入相談室】なぜ必要なの?「経営の見える化」

現状を把握し、理想とのギャップを明確にすることで勘だけに頼らない、的確な経営判断や業務改善が可能に

2013年7月2日

「経営の見える化」は、「あるべき姿(To-Beモデル)」と「現状(As Is)」とのギャップを明らかにする【解決!! 四銃士】

いろいろな分野で「見える化」という言葉が使われています。しかし、何を、どのように「見える化」するのかは、それほど簡単なことではありません。ましてや、「見える化」を効率的に行って経営に生かすとなるとなおさらです。
効果的な「見える化」を行うためには、事前の準備が必要です。

IT導入相談室

大塚商会の「IT導入相談室」では、求められている話題と共に、オフィスが抱えるさまざまな課題を解決するための考え方を配信しています。すぐに役立つ資料も用意。「使えるコンテンツ」を目指し、週単位で更新していますので、ぜひご利用ください。

ここまで本文です。

このページの先頭へ