「Windows Server 2003サポート終了のリスクと移行対策」セミナー、全国7箇所で開催

2014年9月16日

マイクロソフト、トレンドマイクロ、大塚商会がサポート終了の対策をご紹介

株式会社大塚商会は、2015年7月15日のサポート終了まで1年を切ったWindows Server 2003からの移行をテーマにした「サーバーが止まれば仕事が止まる!「Windows Server 2003サポート終了のリスクと移行対策」」セミナーを開催します。

Windows Server 2003のサポートも残り1年を切りました。サーバーにおけるサポート終了のリスクは、クライアントOSよりも影響が大きく、対策のための検討事項も非常に多く存在しています。本セミナーで、トレンドマイクロ・マイクロソフト・大塚商会といった各分野のプロフェッショナルが、サポート終了後のセキュリティリスク、移行のプロセス、仮想環境やクラウド環境といった移行先の選択などのサーバー移行に関して企業を悩ませる問題をまとめて解決できるヒントをご紹介します。

Windows Server 2003サポート終了のリスクと移行対策

実施概要

開催日時
2014年10月7日(火) 札幌会場
2014年10月10日(金) 宇都宮会場
2014年10月21日(火) 広島会場
2014年11月14日(金) 名古屋会場
2014年11月20日(木) 仙台会場
2014年11月27日(木) 東京会場
2014年11月28日(金) 大阪会場
各会場とも 14:00~16:30  受付13:30~
参加費
無料 ( 事前予約制 ) * 応募多数の場合は抽選

セミナー内容

ession1:サポート切れOSを使い続けることは「経営リスク」です
~なぜダメなのか?どうするべきなのか?~
講師:トレンドマイクロ株式会社 様
Session2:Windows Server 2003の移行と注力シナリオ
~次のITインフラの検討に、身近になったクラウドサービスの活用を~
講師:日本マイクロソフト株式会社 様
Session3:サーバー引っ越しはお任せ!大塚商会サポート終了対策メニューのご紹介 講師:株式会社大塚商会