Adobe(アドビ)製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-434-466(平日 9:00~17:30)

PDF製品

電子書類フォーマットの「PDF」は、いまやビジネスで欠かすことができません。さまざまな形式のファイルをPDF化することで、情報共有がスムーズに行えます。

PDFを利用するメリット

アドビ システムズ社(以下、アドビ)が開発したファイル形式である「PDF」(Portable Document Format)は、ISOに認証された世界標準の電子書類フォーマットです。さまざまな形式のファイルをPDF化して共有することで、社内外との情報共有がスムーズになります。

作成元のソフトがなくても、さまざまな端末で閲覧できる

Acrobat Readerなどの閲覧環境があれば、パソコン、タブレット、スマートフォンなど端末やOSを気にすることなく、作成元のソフトウェアを持っていなくても、レイアウト情報を保持したままの状態で閲覧できます。

複数のファイルを一つのファイルにまとめられる

一つのファイルに、複数のファイルをまとめることができます。また、画像、音声、動画、リンクなどを埋め込むことも可能です。PDFにまとめることで、見せたいデータがさまざまな形式であっても「PDFを見る」という一動作で情報を表現でき、容量も圧縮できる場合があります。

セキュリティも安心

パスワード設定はもちろんのこと、見せたくない情報を削除するなど、きめ細やかなセキュリティ管理、情報保護が可能です。

大塚商会がおすすめするPDF活用ソリューション

大塚商会が提供するPDF製品には、クライアント製品であるアドビ「Acrobat」のほか、サーバー製品の「活文」があります。また、配布するPDFのセキュリティを強化するソリューションとして「たよれーる PDFセキュリティサービス」もご用意しています。

Acrobatが選ばれる理由

おすすめの用途 Adobe Acrobat 活文(サーバー製品) たよれーる PDFセキュリティサービス
PDF作業の効率化    
どんなファイルも確実に見せたい    
スキャンしたPDFを活用    
基幹システムと連携    
配布したPDFファイルの管理  

Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット)

Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット)は、PDFを開発したアドビが提供するPDFファイルを作成するためのクライアント製品です。ひとくちにPDFといっても種類がさまざまで、閲覧保障されているのはアドビ製品によって生成されたPDFだけです。Adobe Acrobatは、編集、管理など、PDFを最大限に活用する機能を提供します。

Adobe Acrobat

活文(サーバー製品)

社内外に配布する文書をアドビ純正のPDFに変換できるサーバー製品で、業務システムと連携させることで業務プロセスの効率化につながります。文書のアクセス権・操作権限を動的にコントロールすることが可能です。

活文(サーバー製品)

たよれーる PDFセキュリティサービス

「たよれーる PDFセキュリティサービス」は、データを暗号化(施錠)し、利用権限や日時などの設定情報(鍵)をサーバー側で遠隔コントロールするクラウドサービスです。登録されたファイルは利用のたびに認証情報の入力が必要になり、機密情報データを保護できます。

たよれーる PDFセキュリティサービス

Adobe(アドビ)製品 導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー