Adobe(アドビ)製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-434-466(平日 9:00~17:30)

【完全版】プレゼンにも強い見栄え良い画像セレクトとコンテンツ作成テクニック

すぐできるテクニックで資料がここまで変わる!

資料の見栄えは、画像の選び方・その画像のトリミング方法で大きく変わってきます。Creative Cloudの新機能を使った実際のテクニックをご紹介します。

【完全版】プレゼンにも強い見栄え良い画像セレクトとコンテンツ作成テクニック

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:51分12秒]

JavaScript がオフになっているか、古いバージョンの Adobe Flash Player を使用しています。
最新の Adobe Flash Player を入手してください。

この動画の内容をテキストでご紹介

本セミナーの三つのポイント

「Adobe Creative Cloudと連携し、プレゼンにも強い見栄え良い画像セレクトとコンテンツ作成テクニック」と題して、セミナーを開始します。「1.トリミングで魅せる」「2.写真で魅せる」「3.ロイヤリティフリー画像のAdobe Stock」という三つのポイントに絞って解説します。

1.トリミングで魅せる

さまざまな形で画像や写真を配置し、そしてプレゼンやチラシにレイアウトしていく際に、トリミング一つで印象はがらりと変わります。では実際どのような形でトリミングをするのか、そのポイントを解説します。

まずは「切り抜きツール」を選択し、位置やサイズなどを決定します。水平のラインが傾いている場合は「角度補正ツール」で微調整します。「コントロールパネル」のオプション、「切り抜いたピクセルを削除」のチェックを外します。そして任意のサイズにドラッグをし、切り抜くエリアを指定します。

テキストが入力できるエリアを作っていきます。バランスの良く配置するため、写真の左側に余白を作ります。オプションの「コンテンツに応じる」にチェックを入れ、その余白部分をPhotoshopに解析させ、コンテンツに応じて自動的に写真情報を追加する機能をお使いいただくと、サイズが足りなくても自然な形に仕上げることができます。不自然なところは「スポット修復ブラシツール」を使って微調整します。

作り込んだ写真に、タイトル、告知文、詳細などの情報を入れます。Creative Cloudで提供する「Typekit」に数多くの書体が用意されています。そちらを利用してはいかがでしょうか。あっという間に任意の写真をトリミングなどで調整し、文字、キャッチコピーを置くスペースを作りました。トリミング一つで雰囲気が大きく変わることがお分かりいただけたかと思います。

2.写真で魅せる

続いて、「切り抜きの精度で商品を魅力的に」見せるという点を解説します。商品を魅力的に見せるには、やはり「切り抜きの精度」というものが重要です。では、どのような形で精度を高く切り抜くのか? そこを実際にご紹介します。

まずはPhotoshopで、切り抜きを行います。「クイック選択ツール」で選択部分をなぞっていき、「コントロールパネル」にある「選択とマスク」というボタンをクリックします。「オニオンスキンを表示」で、背景と切り抜きの範囲を見比べることができます。微調整は「境界線調整ブラシツール」でなぞって対応します。Photoshopの精度が上がり、非常に簡単に切り抜きが完了できます。

写真を合成して利用する場合は、後から補正しやすいように準備します。「グローバル調整」の「滑らかに」や「ぼかし」の数値を微調整し、その出力先として「レイヤーマスク」というものを選んでおきます。「レイヤーマスク」を選択しておくと、選択される部分とそうでない部分の差が履歴のような形で残るので、後からの微調整が可能です。合成写真がすばやく仕上がりました。選択範囲の切り抜きの精度が上がれば、それだけ見栄えのいい写真に仕上がります。

Photoshopには、画像の配置方法として「画像を埋め込んで配置」「リンクを配置」という二つの方法があります。「リンクを配置」を使うと、背景もきちんと切り抜かれている状態で配置されます。そして、リンクで配置するので、元データが修正されたら、合成側のデータにも修正が反映されます。このような形ですばやく思い通りの写真・画像に仕上げていくことができます。

3.ロイヤリティフリー画像のAdobe Stock

もともとある素材・写真で「魅せる」こともできます。写真を効果的に使って、うまく組み合わせて、非常に見栄えの良い、印象に残る資料が作成できます。多くの方は、宣伝材料で使う画像を、インターネット上から検索していると思います。フリー素材でも「出典が不明な場合」というのは多々あります。そこでご紹介したいのが、ストックフォトサービスである「Adobe Stock」です。

ストックフォトは、数多くの素材を提供するサービスです。画像を購入するのではなく、使用する権利を購入します。ライセンス形態は二種類あります。「マクロストック」は、専門的・潜在的に素材を利用するための形態で金額が少し高額です。今回ご紹介する「Adobe Stock」などにはじまるロイヤリティフリーの素材は、「マイクロストック」のライセンスです。使用期間や地域などの制限がなく、数多くのユーザーが利用できるようになっています。

現在、ロイヤリティフリーの素材の提供方法には、「通常ライセンス」と「拡張ライセンス」の二種類があります。Adobe Stockでは、通常ライセンスで印刷物が50万件以下のマーケティング用、広告用、販促用、プレゼンテーション用の素材をご利用いただくことができます。印刷部数が50万件以上のものは、拡張ライセンスという方法でご提供しています。

「Adobe Stock」は、イラストやベクターデータなども含めた5500万点もの高品質なロイヤリティフリーの画像を、2015年6月から提供開始し、もう既に1年以上の実績があります。すぐに画像を検索できることがポイントです。ブラウザーから、Creative Cloudのデスクトップアプリから、または日常お使いいただいているPhotoshopやIllustratorの「ライブラリ」というパネルから画像を検索できます。

Adobe Stockの強みである「Creative Cloudとの連携」を説明します。まずは、ブラウザーやデスクトップアプリ、Photoshopなどのライブラリパネルから画像を検索します。検索した画像は、高解像度ではなく、低解像度で透かしの入っているプレビュー版としてダウンロードできます。Photoshopなどを使って、補正・加工を低解像度のまま、テスト用のサンプル画像として操作できます。サンプルの購入決定後、高解像度のものにすばやく差し替えることができるのです。

実際に「Adobe Stock」から画像を探して、必要なレタッチや切り抜きを行います。例えば「手のひら」を検索してみましょう。「手のひら」と「ヤシの木」(「ヤシ」の英訳「パーム」を和訳すると「手のひら」という意味がある)が結果として出ています。実は英語のものも日本語に翻訳された形で出てきます。似た形の画像をフィルタリングして検索することも可能です。

画像を「プレビューを保存」から保存しました。保存先は、PhotoshopやIllustratorのライブラリパネルです。画像を配置すると、中央に透かしの文字と、番号があることが分かります。低解像度の「当たり画像」として加工できるので、無駄がありません。実際のイメージに合うか切り抜きやカラーの変更などを行ってから、クライアントに見せることができます。

クライアントからOKが出た後、他のストックフォトであれば、高解像度の画像をダウンロード後、再度加工を行うのですが、Adobe Stockではその手間が不要です。ライブラリパネルの中にある画像を右クリックし、「画像のライセンスを認証」を選ぶと、今契約しているライセンスを確認後、すぐ購入できます。認証後、低解像度で透かしが入っていた画像から、透かしの部分がなくなり、高解像度の画像に自動的に差し替わります。これにより、実際、約10倍も作業が効率化できる、という結果が出ています。

「似た画像を検索する」機能の精度が非常に高いです。角度やアングルを変えていろいろとテストする場合に、類似画像を一覧で表示できます。また、Creative Cloudグループ版のメンバーであれば、複数メンバー最大10人まで画像を共有できます。Adobe Stockを利用した場合の生産性が10倍アップというベンチマークテストの結果は、アドビWebサイトに情報を掲載していますのでご確認ください。

また、実際にAdobe Stockをご利用いただいているユーザーの方からも、「他社よりも価格やサービスの面で優位性がある」「画像の検索が容易で使い方も簡単だった」「Stockでカンプ写真を好きなだけダウンロードできた」「どれも品質が高く、サイトのユーザビリティも良かった」「シズル感のある写真が数多く用意されてた」など、多くのコメントをいただいております。プレゼンで使ったり、商品ページで使ったり、どんな場面でも使いやすいような素材になっています。

Adobe Stockは、購入プランを三つご用意しています。[1]月々10点までダウンロードできるプラン:最大120点まで画像の繰り越しができます。[2]月々750点ダウンロードできるプラン:画像の繰り越しはできません。[3]月々40点までダウンロードできるプラン:新しく登場しました。最大480点まで繰り越しが可能になっています。ただし、繰り越し分は、1年以内に使い切っていただく必要がありますのでご注意ください。表示価格は、アドビストアの参考価格ですので、詳細は大塚商会にお尋ねください。

お得なディスカウントプログラム

VIP(バリューインセンティブプラン)というCreative Cloudご契約時に登録が必要なプログラムがあります。VIPプログラムで提供されるものは、Creative Cloudコンプリートプランだけでなく、PhotoshopやIllustratorの単体プラン、またAcrobat、Adobe Stockなどが含まれます。

従来は、50ライセンス以上がディスカウント対象でしたが、2016年3月に10ライセンス以上が対象に変更されました。お求めやすい価格、単位で導入できるようになりました。そしてもう一つ、「VIPセレクト3年契約」という、あらかじめ3年間でご契約いただくことで、さらにお求めやすい価格で購入できるプランもご用意しています。価格やプランについて、どれが一番自社にお得なのか、大塚商会にぜひご相談いただければと思います。

Creative Cloudご購入のメリット

大塚商会でCreative Cloudをご購入いただく場合の、他社とは違うメリットなどをご紹介します。Creative Cloudは通常、年間契約で、年間(一括)のお支払いですが、大塚商会だけ、年間のお支払い以外に、月額でのお支払いも可能です。また、ライセンスの自動更新を、当社で代理で作業するので、お客様の負荷を減らすことができます。

ご購入特典動画もご用意しています。この動画は、業界で有名な鷹野様に、Photoshop、Illustrator、Acrobatの使い方を説明いただいたものです。当社からCreative Cloudをご購入いただくと、この動画を無料で配信させていただきます。その他にも、さまざまなキャンペーンをご用意しています。何かありましたらお気軽にご連絡いただければと思います。

Adobe(アドビ)製品 導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー