Adobe(アドビ)製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-434-466(平日 9:00~17:30)

「Adobe Creative Cloud」最新動向・「Adobe MAXレポート」

最新のアップデート情報、最新のアドビのテクノロジーをご紹介

「Adobe MAX」というイベントで毎年一度、最新のアドビのテクノロジーが発表されています。2016年11月開催で発表された最新情報を、数多くご紹介します。

「Adobe Creative Cloud」最新動向・「Adobe MAXレポート」

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:51分40秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

「Adobe MAX」とは

毎年一度行われる、世界最大のクリエイティブカンファレンスです。最新のアドビテクノロジーを発表する場ともなっています。現代のクリエイターを取り巻く環境がどんどん変化し、アドビもさまざまな取り組みを行っています。2016年は「クラウドファースト」「コラボレーション」「モビリティ」「機械学習」を提供開始します。

Adobe Experience Design CC

まだBeta版でのリリースですが、以前「Project Comet」として公開していたアプリケーションです。クライアントから良質なフィードバックを得るためのプロトタイプ作成ツールとして開発されました。「UI(ユーザーインターフェイス)デザイン」「プロトタイプ」「共有」を一つのアプリケーションで行います。

Project Phoenix

こちらもBeta版でのリリースですが、2Dデータを3Dデータと合成して、ビジュアルリッチな画像・コンテンツが作成できます。ドラッグ&ドロップや、画像指定を直感的に操作し、経験がなくても3D画像が作成できます。アプリケーションから魅力的なアングルや角度が確認でき、物撮りの手間も減らすことができます。

Photoshop、Illustratorも進化

Photoshopは、「Adobe Sensei」のテクノロジーを利用し、例えば素材写真が笑顔ではないものを、顔認識機能で唇を選択したスライダーを動かすだけ笑顔にすることができます。Illustratorはテキスト回りが強化され、サンプルテキストの表示や、複数の異体字候補の表示が新機能として追加されました。ボタン一つの操作になり、作業効率化が図れます。

「Dreamweaver CC」のアップデート内容

Dreamweaverに関しては、内蔵コードエディターを刷新しました。「Brackets」というコードエディターを前回のアップデートから搭載しています。CSSのプリプロセッサ-にも対応し、LESS、SCSSというものについても利用できます。Web運用する方にとってさらに使いやすく進化しました。

「Animate CC」のアップデート内容

「Animate CC」は、以前は「Flash Professional」という名称でしたが、前回のアップデートから名称変更されました。仮想カメラの内蔵や、書き出し機能の強化をブラッシュアップしました。iOSやandroid、タッチパネル、さまざまなデバイスで対応したので、思いのままに動画作成できます。従来のFlashユーザーの方も安心してお使いいただけます。

映像編集アプリケーションは、チームやプロジェクトで共同利用が可能に

映像編集は複数の方が素材作成から編集までかかわり、最後にまとめる形で作業が進みます。Beta版のみの提供ですが、Creative Cloudのグループ版、エンタープライズ版で「Premiere Pro」「After Effects」「Prelude」は動画ファイルの複数人での同時利用ができます。Windows、Mac、両方にて作業可能です。

モバイルアプリを活用すれば、もっと完成が早くなる

アイデアをモバイルアプリから取り込み、アプリケーション間を同期させて、フィニッシュワークまでの時間を大きく短縮できます。今回のアップデートで、PhotoshopやIllustratorとの相互連携が強化され、これまで要望の多かったモバイルアプリandroid版対応を開始しました。まだiOSのみのアプリケーションについても、順次対応します。

「Adobe Stock」のアップデート内容

素材が6000万点を超え、取り扱いコンテンツが従来の写真、ベクトルデータ、イラストレーション、4Kビデオに加え、今回、3Dモデリングデータ、Photoshop、Illustratorのテンプレートが加わったことが発表されました。また、コントリビューター向け機能が搭載され、自分の作品登録するでのプロセスが分かりやすくなりました。

「Adobe Sensei」のテクノロジー

精度や早さ、クリエイティブの質を向上させる「Adobe Sensei」というテクノロジーが発表されました。例えば「ビジュアルサーチ」機能では、自分が持つ写真素材に似たものを、Adobe Stockから検索できるようになりました。Photoshopの「コンテンツに応じて塗りつぶし」も情報をアプリケーションが分析して対応するテクノロジーを使っています。

「Typekit」フォント数の増加

Typekitユーザーから、もっとフォント数が欲しい、他のメーカーのもの使いたいなどの多くの声をいただきました。今回のアップデートで、20社のパートナーが提供する、約6000種類のフォントをTypekitのマーケットプレイスから直接購入することができます。時期未定ですが、日本語フォントの販売も予定されています。

Creative CloudのOS対応状況

macOSについては、「Sierra」は、Creative Cloud最新版では安心してお使いいただけますが、Creative Cloud CS6については、サポート対象外のためご注意ください。「Yosemite」以降のOSはCreative Cloud 2015以降のバージョンでお使いいただけます。Windowsは、「Windows 7」以降に対応しています。

Adobe(アドビ)製品 導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー