Adobe(アドビ)製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-434-466(平日 9:00~17:30)

プレゼンテーション資料にストックフォトを活用しよう!

提供素材は6,000万点以上! 美麗な画像で伝わる資料へ

「Adobe Stock」を活用すれば、高品質な写真やイラストを使った伝わるプレゼンテーション資料が作成できます。素材の検索も簡単で、社内共有もお手軽です。

プレゼンテーション資料にストックフォトを活用しよう!

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:52分20秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

見栄えする見やすい資料作りのコツは、効果的な写真利用にあり

営業主体の資料は、口頭で説明する内容を全て文章にすることが多いと思います。文章が主体の資料は、パッと見たときの視認性はあま良くありません。プレゼンテーション資料は多くの人に見せることが前提です。写真を効果的に使って、センテンスを短くし、見栄え良くすることができます。

「意図しない著作権の侵害」を、ストックフォト利用で回避!

インターネットでプレゼンテーション資料の素材を探す方は多いですが、出所がはっきりしないものもあり、意図せず画像を不正利用してしまうケースがあります。「ストックフォト」は画像を使用する権利、ライセンスを購入するもので、加工や切り抜き、合成、文字を配置することが可能です。

用途で変わる画像ライセンスのルール

ライセンスには「マイクロストック」と「マクロストック」があります。マイクロストックには著作権・肖像権フリーの、通常ライセンスと拡張ライセンスが用意されています。販促物やプレゼンテーション資料には通常ライセンス、新聞広告や50万PV以上のWebサイトでの利用には拡張ライセンスが必要です。商品化する場合には、マクロストックで占有契約する必要があります。

アドビのストックフォトサービス「Adobe Stock」とは?

Adobe Stockは、2015年6月からサービスをスタートしています。コントリビューターと呼ばれる素材提供者が自由にアップロードでき、ユーザーは写真やイラストのライセンスを購入して利用します。提供素材は6,000万点以上と、ストックフォトサービスの中でもダントツです。

Adobe CCと連携強化、AI技術採用で画像の検索精度向上

Adobe Stockは、PhotoshopやIllustratorから直接任意のキーワードで画像検索できます。検索には「Adobe Sensei」と呼ばれるAIテクノロジーを採用し、検索するほど検索結果の精度が向上していきます。プレビュー版として透かし文字の入った低解像度画像で作成し、承認後、ライセンスを購入し高解像度画像への差し替える流れで進められるので、画像購入に無駄がありません。

簡単操作でライセンス取得! 作業効率は10倍以上

通常、プレビュー版(アタリ画像)から高解像度版に差し替えるには、もう一度画像を探してダウンロードし、配置し直す必要があります。Adobe Stockでは、デスクトップアプリケーションのライブラリーパネルからライセンスを取得後、すぐに高解像度版に差し替わります。これにより、10倍以上もの作業効率化が期待できます。

PowerPointやWordで画像を簡単利用! 3Dモデルもご提供

Power PointやWordでの資料作成にも、透かし文字が入ったプレビュー版や、ライセンスを認証した画像をご利用いただけます。Photoshopなどで利用できる3Dデータの提供も開始しました。3Dデータに2Dデータを組み合わせ、プレゼンテーション資料として活用すると、イメージが伝わりやすいのではないでしょうか。

建築系や医療系など、専門性の高い画像を多数ご用意!

Adobe Stockにはプレゼンテーションやデジタルサイネージにも利用できる、見栄えの良い画像素材が多種多様に用意されてます。建築系、医療系、飲食系、ワールドワイドに展開されるイメージ、シズル感あふれる料理の写真など、専門性の高く、非常に使いやすい写真やイラストを多数ご用意しています。

プレゼンテーションに強い画像は「トリミングで魅せる」

プレゼンテーションに強い、見栄えの良い画像は、トリミングで魅せることも重要になります。切り抜き精度が上がれば、写真と商品を合成してプレゼンテーション資料に活かすこともできます。Photoshopでは非常に簡単に切り抜き作業を行え、png形式で書き出せばPower PointやWord資料でもご利用いただけます。

Adobe Stockのメリット:グループメンバーで素材を簡単共有

Adobe Stockは、購入画像を企業内やグループメンバーなど最大10名まで共有できます。相手がデスクトップアプリケーションを利用している場合はライブラリーパネルにデータが送られ、利用してない方へは、デザイナーがダウンロードした素材をプレゼンテーション資料などで利用できます。

Adobe Stockは、安心して使えるマーケットプレイス

Adobe Stockでは、「コントリビューター」機能を準備しています。ユーザーが素材を選択して、Adobe Stockに簡単にアップロードし、素材提供することが可能です。ただし、著作権や肖像権の権利部分については事前認証が必要のため、出所がはっきりしないものは、受け付けされません。そのため、ユーザーは安心してご利用できます。

Adobe Stockは、繰り越しもできる

アドビが提供している、次月へ繰り越し可能な月々10点と40点のプランは、たくさん使う月と使わない月があっても安心してご利用いただけます。多くの素材を使う場合には、繰り越し不可ですが月々750点ご利用できるプランも用意しております。

Adobe(アドビ)製品 導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー