Adobe(アドビ)製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-434-466(平日 9:00~17:30)

明日から始める、「Adobe Illustrator CC」初級編

敷居の高さを忘れちゃうくらい、簡単に名刺が作成できる

Illustratorの名刺テンプレートを使って、基本的な操作だけで見栄えの良い名刺が作成できます。あっという間に、簡単に、名刺を作成し、印刷するところまでご紹介します。

明日から始める、「Adobe Illustrator CC」初級編

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:54分17秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

本セミナーの内容

Illustratorは、1987年の誕生後、チラシや名刺制作の場面でずっと使われてきたアプリケーションです。バージョンアップのたび、さまざまな機能が搭載されてきました。これから、視認性の高い文字使いや画像配置、オリジナリティーのあるデザインにするためのテクニックなども含めて、Illustratorのテンプレートを使った名刺制作方法をご紹介します。

テンプレート機能を使ってメールを作成する

初心者でもテンプレート機能を使って簡単に名刺が作成できます。テンプレートをダウンロードすると、そのまま編集を始めることができます。せっかくなので、見栄えの良い文字にこだわりましょう。Creative Cloudをご契約している方は、Typekitが使用できます。Typekitには、欧文フォントを含めて1,300以上の書体から選ぶことが可能です。

画像を配置します。ファイルメニューから「配置」をクリックし、フォルダーの中から画像を選択し、配置します。画像の重ね順は、レイヤーを選び、ドラッグ&ドロップで変更することも可能です。背景の画像とテキストの色が近い場合は、テキストと画像の間に不透明度の数値が高い差し色を入れることで、文字の視認性も高くなります。

背景画像を一部分だけ表示させます。これはマスクと言います。例えば、画像の半分を非表示、残った半分だけを表示ということできます。切り抜きたい部分と背景画像を選択し、「クリッピングマスクを作成」をクリックすると、その部分だけ切り抜かれたマスクが表示されます。

Illustratorのパッケージ機能を使って、ドキュメントにリンクしている画像もIllustratorのデータと一つにまとめてしまうようにしましょう。印刷時に画像がないといった問題を防ぐことができます。

オリジナルデザインで名刺を作成する

まず、「P」のようなロゴを作成してみます。長方形を描き「ダイレクト選択ツール」で角丸を作成し、オブジェクトをコピー&ペーストして、その内側にくり抜き用画像として結合させます。もう一つの長方形を描き、「シェイプ形成ツール」を使って同時になぞるだけで簡単に結合ができます。不要な部分の切り取りもDelキーから簡単に削除できます。

次に、ストライプのパターンをロゴのデザインに適用します。直線を2本引き、色を調整します。2本選択した状態でスウォッチパネルにドラッグ&ドロップし、パターンを登録します。登録パターンは、ダブルクリックすると微調整できます。ロゴを選択し、「塗りのスウォッチ」から、「新規パターンスウォッチ」を選び、デザインを適用させます。

後は、テキスト情報を追加します。整列パネルであっという間に整列できます。名刺以外でもロゴデータが使えるように、ライブラリーパネルに登録します。Creative Cloud Libraryのパネルを使えば、複数のファイルやPhotoshopでも同じデータが利用できたり、修正作業も一括で行えたり、非常に便利に使うことができます。

「Adobe Stock」でさらに見栄え良く名刺を仕上げることができます。6,000万点もの、シズル感たっぷりの写真や画像をすぐに利用できます。画像を購入する前に、プレビュー画像を利用することで反映後のイメージをご確認いただけます。ご購入後はプレビュー画像と差し替えが可能です。

入稿・印刷

印刷会社への入稿は、PDF形式がお勧めです。別名保存、または複製保存を選び、PDFのファイル形式で保存します。「PDF X4 2008」というプリセット設定で、「トンボと裁ち落とし」のトンボにチェックを入れます。これだけで、四隅には印刷に対応したトンボが入っているPDFが簡単に作成できました。

入稿せず、専用用紙に印刷する場合は、名刺の面付け設定が必要です。まずは余白を設定します。「定規」を表示し、ガイドを引きます。ガイドは数値でも設定できます。事前に作っておいたファイルを読み込みますが、オプションの「読み込みオプションを表示」-「仕上がり」を選択すると、ガイドにぴったり収まる形で読み込まれます。

次に、A4用紙に10面面付けします。横に2面並べて、ここから、「アピアランス」で一気に10面にします。効果の「fx」から「パスの変形」-「変形」というメニューを選びます。A4用紙に縦5面、コピーは4面分実施するので、数字を4と入力します。これであっという間に10面分の名刺が作成できます。最後に、任意のプリンターから出力します。

Adobe(アドビ)製品 導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー