Adobe(アドビ)製品のことなら、お気軽にお問い合わせください。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-434-466(平日 9:00~17:30)

大塚商会オリジナルテンプレートで販促物の内製化! コスト削減と効率化を実現

「テンプレート」「テクノロジー」の合わせ技で、プロ仕様の販促物

大塚商会の購入特典テンプレートが、お客様の販促ビジネスをお手伝いします。時間をかけずにプロ並みの販促物が作成できる方法をご紹介します。

大塚商会オリジナルテンプレートで販促物の内製化! コスト削減と効率化を実現

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:50分42秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

大塚商会オリジナルテンプレートで販促物の内製化、コスト削減と効率化

大塚商会オリジナルテンプレートは、Creative Cloud(以下CC)ご契約のお客様であれば、ダウンロードしてお使いいただける購入特典です。多数のアイコンやロゴ、ポップなどの販促ツールがすぐ作成できるテンプレートで、ビジネスをお手伝いします。オリジナルテンプレートの使い方とカスタマイズ方法をご説明します。

オリジナルテンプレートの使い方を紹介した動画も準備しています。ステップ1では三角ポップのテンプレートに画像を配置し、その画像を拡大縮小する方法を、ステップ2ではテンプレート上にアイコンを配置する方法とカラーの変更方法などを、ステップ3ではテンプレートの素材から背景(柄)の設定をする方法をご紹介しています。

アイコンデータをPowerPointで使用するために書き出す

テンプレートのアイコンをPower Pointなどで使う場合は、IllustratorのデータをJPEGやPNGデータに書き出す必要があります。「アセットの書き出し」パネルを表示し、書き出すアイコンを選択、WindowsはAltキー、Macはoptionキーを押しながらドラッグします。ファイル形式を選んで「書き出し」ボタンを押せば完了です。

CCから搭載されている「文字タッチツール」をご紹介します。文字ツールを長押しすると表示され、クリックしてテキストを選択すると、例えば「80%」の「%」だけ文字サイズを小さくできます。色やテキスト内容、位置やアングル、書体なども、自由に設定・変更できます。視認性を高め、文字に表現をつけることができます。

画角の違いも「コンテンツに応じる」機能で作業時間を短縮

写真などの縦幅や横幅の不足で困ることがあります。そのような「画角の違い」にPhotoshopで対応する方法をご紹介します。横長写真を縦長に編集します。「切り抜き」ツールで不足部分を選択し「コンテンツに応じる」をチェックします。Photoshopの最新バージョンでは、人工知能(機械学習)が背景を解析し自然な印象に背景を塗りつぶします。

Illustratorに縦長になった写真を配置します。ライブラリー機能を使って、Photoshopで編集した縦長写真を放り込んでIllustrator読み込みます。画像を配置し、サイズ調整後、テンプレートの画像サイズと重ね合わせてクリッピングマスクを作成します。そうするとテンプレートの画像ファイルに合わせて写真が切り抜かれます。

CCならではのデータ共有「Creative Cloud ライブラリー」

異なるアプリケーションで作成したデータを、ライブラリーパネルにドラッグ&ドロップで放り込むだけで共有することができます。また、複数人との素材共有もできます。パネルメニューから「共同利用」を選択し、共有する相手を指定し招待メールを送ります。相手がCC利用者であれば、相手のライブラリーパネルに、共有情報を転送できます。

CCならではのフォントサービス「Typekit」

視認性の高い文字を使用することも重要です。Typekitでは、日本語フォントは173、オープンフォントは1万書体近くを無償でご利用いただけます。インストールは、プロパティパネルのフォントメニューから「フォントを追加」を押下、するとブラウザーからTypekitの画面に切り替わり、使いたい書体の「書体」部分をクリックすれば完了です。

シズル感のあふれる画像・専門性の高い画像が多数「Adobe Stock」

Adobe Stockは、ロイヤリティフリー素材提供サービスです。ライブラリーパネルの「Adobe Stockを検索」にキーワードを入力します。すぐ素材購入せず、クライアントからの差し替え要請にも応じられるように、確認時は透かし文字入りのプレビュー画像を使用すると安全です。ライセンス購入後、透かし文字なしの高解像度画像に差し替わります。

「テンプレート」を選ぶと、PhotoshopやIllustratorで使用する名刺やチラシなどのテンプレートなどが用意されています。スマートフォンの中央部分に画像をはめ込むタイプのテンプレートを例にご紹介します。Photoshopでレイヤー「画像がここに入ります」に任意の画像をドラッグ&ドロップで配置し微調整すれば完了です。Power Point用のプラグインもご用意しています。

  • *Typekitは2018年10月よりAdobe Fontsに名称変更しています。

本動画でのご紹介サービス

  • Adobe Stock

    豊富な商用利用可能素材(写真、イラスト、3D、テンプレートなど)を提供するストックフォトサービスです。各アプリケーションと連携して、検索・試用・購入がスムーズに行えます。

  • Adobe Fonts(旧Typekit)

    Adobe Creative Cloudユーザーが利用できるフォントライブラリサービスです。日本語フォントの定番であるモリサワ書体も一部利用可能です。

  • Creative Cloudファイル(ライブラリー)

    制作チームのほかのメンバーとファイルを共有したり、会社と自宅で同じファイルの作業をしたりといったことが可能になり、作業効率のアップにつながります。同期機能を使ってパソコン上のファイルと常に同期できます。

Adobe(アドビ)製品 導入事例をご紹介