Adobe(アドビ)製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-434-466(平日 9:00~17:30)

【Adobe Document Cloud】Acrobat DC 「スキャン補正編」

面倒な「テキスト打ち直し」から解放される!

Acrobatのスキャン補正機能を使うと、自動的に元データからテキスト情報をデータ化できます。編集も、文字検索も対応できるので、便利にお使いいただけます。

【Adobe Document Cloud】Acrobat DC 「スキャン補正編」

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:1分46秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

例えばこのようにカメラで撮影した書類を、PDF化した文書があるとします。スキャナーで取り込んだ文書でも同じです。社内でのペーパーレス化としてこのように取り込んだデータを大量にストレージに保存しているケースがあるかと思います。

しかし、後から検索/活用できなければ。全く意味のないデータになってしまいますので、ファイル名に内容を記載するなど、工夫されていると思います。

Acrobatなら、[スキャン補正]-[補正]-[カメラ画像](複合機のスキャンの場合は、スキャンした文書)で、自動的にドキュメントを認識し、人が見やすい文書としてのPDFに整えることができます。

さらには、[PDFを編集]を選択すると、文字をOCR(文字認識)文書の変更が可能になります。

さらに箇条書きも、きちんと項番を認識し、(Wordのように改行で)1、2、3と連番入力することができます。

また、テキストデータに変換されているので、例えば「秘密」など、簡単に文字検索も可能となります。紙からデジタル化した文書の利活用にぜひお役立てください。

Adobe(アドビ)製品 導入事例をご紹介

ナビゲーションメニュー