AI・IoT製品の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

介護などの見守りの活用例

顔認証ソリューションの導入により施設入居者への安全を守ります。

福祉介護施設における課題

  • 知らぬ間に入居者が外出した際に迷子になる危険性がある
  • 人材不足もあり、特定の入居者につきっきりにはなれない
  • 人権への配慮から鍵を常時閉めることは避けたい

導入効果

  • 入居者の外出をお知らせすることで迷子になること等を抑止
  • 人材不足の中でも不測の事態に対応可能
  • 入居者やご家族にとって「安心できる施設」という付加価値提供

活用までの流れ

1:画像の登録

入居者の顔画像をあらかじめ登録しておきます。
(本人の同意が必要です)

2:検知とお知らせ

登録した入居者が出入口に近づくと、職員にお知らせします。

3:入居者にお声掛け

お知らせを受け、職員が入居者の方にお声掛けをすることで、迷子になるのを抑止します。

ナビゲーションメニュー